子供に安全な庭づくりとは?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

”庭をオシャレにしたいけど子供にも安全であってほしい” こう思う方も少なくないはずです。でもライトアップをしたり海外のような素敵な空間をつくりたい時に、家族にも安心して暮らせるよう考えなければなりません。こういった両方を叶えるには一体どうすれば良いのでしょうか?今回はそんな悩みを解決できるよう、様々な空間づくりのアイデアを紹介します。ポイントを抑えて素敵な住まいをつくっていきましょう!

広々とした芝生

こちらは東京を中心に活動するATELIER137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けた自然豊かな家。芝生で広々としていると転んだ時だって柔らかな緑と土が柔らかく支えてくれるので、そんなに心配はありませんね。また木が沢山ある事で、かくれんぼなど自然と一緒に遊ぶ事ができます。このような庭がある家なら室内で一日テレビゲーム、なんてならず自然と共にすくすくと成長できるでしょう。

オシャレで危なくないランプ

HeadSprung Ltdが手掛けた庭
HeadSprung Ltd

Cosmic Jar

HeadSprung Ltd

庭をオシャレにライトアップしたいけど、足下に設置すると足に絡まったり、手の届く場所だと興味本意で遊んで引っかかったり、それに電気だしと色々な心配も出てきます。そんな中、瓶の中にイルミネーションを入れ込んだこちらのランプはイギリスのデザイナーによって手掛けられたもの。小さな輝きが瓶の中で放ち見ているだけで可愛らしいですし、遠くから見ても幻想的に演出してくれそう。オシャレで子供にも安全で、パーフェクトなランプですね!

段差をなくす

東京を中心に活動する(有)ハートランドが手掛けたのは、芝生とタイルでできた階段のような仕上がり。段差がないため、よく走る子供にも安全ですね。右側では芝生が広がりここでもよく遊べそう。木々も沢山植えてあり自然に囲まれながらすくすくと育ちそうですね。

ガーデニングアイテムは子供が届かない場所に

Atelier Belge が手掛けたバルコニー&ベランダ&テラス
Atelier Belge

LOOPHOLE outdoor

Atelier Belge

趣味でするガーデニング用のアイテムやお手入れ用のものなど、ちょっと触ると危ないものは、子供の手の届かないところに置くと良いでしょう。レンガの壁を活用してワイヤーラックを設置するというアイデアはベルギーから。ミントなど小さめな植物を入れると見た目も可愛らしくなりますし、まず安全。楽しくガーデニングができそうですね。

家に守られる中庭

予算が余った!: 山中設計が手掛けた庭です。
山中設計

予算が余った!

山中設計

こちらは家全体に囲まれた、お子さんを遊ばせても安心な住まい。山中設計によって手掛けられました。これだと遊び回ったって、どこかの室内にたどり着くので常に家族の気配を感じることができます。広々としているので遊具を置いたり植物を置いたり好きな様にアレンジできますね。

親から見える場所で遊んで

The Bazeley Partnershipが手掛けた庭
The Bazeley Partnership

Sundown, Widemouth Bay, Cornwall

The Bazeley Partnership

やっぱり安心なのは親の目から見える範囲で遊んでくれる事ですよね。こちらイギリスのテラスは広い空のもと、お友達とランチができる空間。隣にある芝生では小さい子が歩いても心配はない十分なスペース。遊んでいるのを見て、成長している様子を語り合いながら大人も楽しい時間を過ごせそう。

子供に安全な庭づくりについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!