ダイニング: 松原建築計画 / Matsubara Architect Design Officeが手掛けたリビングです。

開放感とプライバシーの両立「海東の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

郊外には多くの自然が残されています。ですが、それが残り続けるとは限りません。都市に近ければ、住宅地が作られて、いつしか郊外は都市の一部となります。もちろん自然は家へと変わり風景も変わっていきます。今回紹介する家があるのも、そんな市街地化する場所。松原建築計画はそこにモダンな家を建てました。そして市街地化する環境に対応しながらも、心地良い暮らしが送れる空間を実現させています。

市街化する場所に建てられた家

今回家が建てられたのは名古屋市の北東部。そこには水田や里山が広がっていましたが、最近では宅地が造成されて街並みは変化しています。敷地があるのはそんな市街化しつつある場所。家の前には交通量のある道路がありますが、道路の向かい側には公園の予定地があり、そしてはす向かいには農作地があるなど、のどかな風景も残されています。

プライバシーを意識した外観

建てられたのは木造平屋建ての住宅。それはシンプルでモダンな印象を感じさせるでしょう。通りから家を眺めると見えるのは白い外壁。建物の中央部分には玄関がありますが、そこには塀が建てられており、目隠しになっています。窓が少なく目隠しの壁があるため、通りから家の中を見ることはできません。このような家の外観からはプライバシーを意識したものであることがわかるでしょう。

家族だけの空間ー中庭

建物の中心部分には玄関がありますが、その木の扉を開けると外観からは想像できないような空間を見ることになるでしょう。そこで見えるのは芝生が張られた中庭。芝生だけでなく木も植えられているため、一般的な庭のような印象を受けます。ですが周りを建物に囲まれて外から隔てられた場所となるため、ここに住む家族だけが楽しめる空間になります。もちろん外からの視線を気にする必要はありません。

開放的なダイニング

中庭を囲む部屋にあるのは大きな窓。家族が集まり、食事を取るダイニングも中庭に接しており、大きな窓があります。食卓に着けば、見えるのは緑が美しい中庭。もちろん窓は収納することができます。収納してしまえば、家と中庭を仕切るものはありません。中庭からは心地良い風が吹き込み、暖かな太陽の光が射し込みます。そのため家の中で食事をしているにも関わらず、まるで外で食事をとっているように感じるかもしれません。

家の中にある外部空間

本住宅では窓を減らすことで、外からの視線を跳ね返せれるようになっています。通常プライバシーを考えた家で問題となるのは閉塞感です。外側と内側が壁で隔てられるため、どうしても広がりが感じられないのです。ですが、ここでは家の中心に中庭を設けることで、家の中に外側を生み出しています。そして家の中に生まれた外部空間を生かすことで、外に開かれているように感じさせるのです。

居場所をつくれる家

このような家でもう1つの特徴となるのは子供部屋。それもダイニング同様に中庭に接しています。その中庭側にあるのは廊下。子供部屋は、そこから一段下がった場所です。本住宅では「居場所をつくること」を意識していますが、この廊下と部屋の段差は腰を掛けるベンチになります。そして自分の部屋に籠ることなく、中庭や廊下の横のベンチといったような場所で思い思いに過ごすことができるのです。

街の変化に対応する家

本住宅は市街地化が見られ、風景が変わりつつあります。もちろん周りには自然が残されていますが、それはいつまでも同じままであるとは限りません。ですが今回建てられたそんな変化にも対応することができます。もし市街地となり、周りを建物に囲まれたとしても、家のプライバシーは守ることができます。もちろんプライバシーを守るだけでなく、中庭によって風や光を感じることができ、心地良い生活を可能にしてくれるのです。このような家では街並みが変わったとしても、変化よって心地良い暮らしを失うことはないでしょう。

中庭のある家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!