中戸祭の家: アトリエdoor一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

ゆるやかにつながる内部空間!居るだけで心地いい気分になれる木の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、優しい雰囲気のナチュラルな室内空間によって、そこに居るだけで快適さを感じられる木の住宅です。階層がゆるやかに連続するスキップフロアの構成によって、住まい全体に一体感が生まれているのが特徴となっています。このプロジェクトは栃木県を拠点に活動するアトリエdoor一級建築士事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

優しい雰囲気の2階建て

ロケーションは栃木県宇都宮市。2階建てをしたこの住まいは、外壁の1階部分が白、2階部分が黒となっており、屋根の中央には薪ストーブの煙突が見え、それらが外観のいいアクセントとなっています。夜は室内からの生活の明かりが柔らかく建物を照らし出し、穏やかで温かい暮らしの雰囲気を感じさせてくれます。2階には、夏の夜に夕涼みなどをすると気持ちが良さそうなテラスも設けられています。

木製ドアがお洒落な玄関ポーチ

深みのあるブラウンの木製ドアと白い手すりに囲まれた作りで、外国の家のようなお洒落な雰囲気の漂う玄関ポーチ。ポーチ周りをグリーンや置物などで華やかに飾っても、ずいぶんと雰囲気が変わりそうですね。玄関は住まいの印象が決まる顔となる場所とも言えるので、お客様を迎える時や帰宅時にホッとする空間になるようにコーディネートをするのもいいかもしれません。

ナチュラルな室内空間

こちらは生活の中心となるLDKの様子です。木の優しいぬくもりが感じられる室内は、階層が半階ごとにゆるやかにつながっていくスキップフロアの構成となっています。吹き抜けとなった天井と、幅の広いリビングの階段が印象的な作りで、中央には薪ストーブが設置されています。天井の板材や梁、柱を露出した仕上げも、空間にリラックス感をもたらしているようですね。

シンプルで使い易いキッチン

コの字型の配置となっているキッチンスペースは、作業時も効率的に動け、とても使い易い印象で家事もはかどりそうな雰囲気。板張りと白のシンプルで素朴なデザインで、ナチュラルな室内空間に良く馴染んでいます。窓から外を眺めたり、リビングにいる家族と話をしたり、階段のそばに位置しているので誰かが帰宅した際もすぐに気が付くことが出来、家族とのつながりを常に感じられそうです。キッチン脇のドアからは、テラスに出られるようになっています。

大階段と便利な収納

階段脇の壁面は、スペースを上手に生かして作り付けの収納棚を設置。本や趣味の物を納めたり、上には雑貨を飾ったりオーディオを置いたりと、自由に利用出来ます。そばにある階段にベンチのように腰かけ気軽に読書を楽しんだり、階段もちょっとした休憩場所として、日々の暮らしの中で活躍しそうですね。

一体感のある室内空間

こちらは2階の様子です。屋根の形を生かした天井によって2階空間にも十分な高さが生まれており、ゆったりとした開放感があります。無垢材の床も優しい雰囲気で、2階でものんびりとくつろいで過ごすことが出来そうです。玄関を入ってからこの2階まで空間がゆるやかにつながっているので住まい全体に一体感があり、室内のどこにいても家族の気配を感じられ、安心して暮らせる住空間となっているようですね。

居心地のいい優しい木の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!