適度な距離と心地良い気配「ドーナッツの家」

Emi M Emi M
ドーナッツの家, 風景のある家.LLC 風景のある家.LLC インダストリアルな 庭 スレート
Loading admin actions …

ここで紹介するのは「ドーナッツの家」という可愛らしい名が付けられた住宅。手掛けたのは岡山県の建築家風景のある家LCCです。しかし外観を見る限りシャープでモダンな雰囲気。ドーナッツという響きから連想する甘くてキュートな印象ではないのですが… ?どういうことなのでしょうか、秘密を探っていきましょう!

外観

外壁はスレートと焼板というコントラストのある組合せです。横貼りのスレートが水平ラインを強調してシャープかつ落ち着きのある印象を作っています。外壁のコーナーはL型アングルで処理、谷部分でビス止めするなどディテールにこだわることで、ローコスト材であるスレートもチープな印象はなくモダンで洗練された印象に仕上がっています。

リビングルーム

室内を見ていきましょう。室内の壁は外観同様にスレート及び木材を使用、床はコンクリート、天井は力強い梁が印象的な木材の現しです。三つの異素材が調和し、モダンかつ落ち着いた居心地のいい雰囲気を演出しています。こんな空間にはミッドセンチュリーや北欧デザインの家具などがよく似合う。天窓から自然光が差し込み、時間によって変化する印象的な陰影を作ります。

大きな開口部からは中庭、そして外壁が見えますが… ?

キッチン&ダイニング

続いてはキッチン&ダイニング。コンクリートの床にもよく合う、飾り気の無いデザインのステンレス製キッチンがインダストリアルスタイルにぴったり。媚びないクールなかっこ良さを演出できます。

回遊式プラン

さて、室内を引きのアングルで見てみると… 実はこの住宅、回遊式プランとなっているのです。中庭を中心に建物がそれをぐるりと囲むようなデザインとなっており、これが「ドーナッツの家」という名前の由来なんですね。各エリアはつながっていますが角度によってゾーニングされ、中庭ごしに様子が分かるという適度な距離感が心地良いプランです。

中庭

中庭から見たアングルです。ほぼシンメトリーのデザインが各エリアのインテリアをまるでショーウィンドウのように印象的に見せています。開口部は中庭に面しているためカーテンが不要なことも開放感を感じながら生活できるポイント。プライベートなガーデンパーティーにも適しています。

中庭が特徴の住宅はこちらでも紹介しています。あわせてご覧下さい!

バスルーム

最後はバスルームです。ご覧下さい、この真っ白な空間!とても絵になりますね。インダストリアルスタイル寄りだった他の部屋とのギャップがより強調されて、スーパーミニマルなのに一番記憶に残ると言っても過言ではない印象的なスペースとなっています。

「ドーナッツ」という名前にも納得ですね!回遊式プランの家、皆さんは興味がありますか?ぜひ感想を教えて下さいね。

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事