モダンで洗練された”現代民家” 森の舟屋

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

皆さんは”民家”にどんなイメージをお持ちですか?古い、暗い、寒い… こういったネガティブなイメージを浮かべる方も少なくないかもしれません。しかし埼玉県に拠点を置き活動するけやき建築設計では、現代生活に合わせたこだわりの民家を提案しています。ひと言で「民家」といっても千差万別ですが、けやき建築設計が提案する民家は、本物の素材と職人の手づくりによる木組の家。既存のイメージを一新する、美しく洗練されたモダンな印象、かつ新しい設備システムを兼ね備えた「現代民家」と言えるもの。今回は彼らが手掛けた住宅の中から”森の舟屋”と名付けられた住宅をご紹介します。

外観

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい: 株式会社 けやき建築設計が手掛けた家です。
株式会社 けやき建築設計

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい

株式会社 けやき建築設計

敷地は埼玉県越谷市の住宅地の中にありますが、ご覧のように周辺市街地の雑踏が嘘のように緑が多く残る、自然環境に恵まれた土地です。この景観を壊さず、敷地に溶け込むような佇まいを実現したのが、こちらの緩い屋根勾配を持った平屋住宅です。6間(約11m)角の正方形の平面プランで、その大きな特徴は建物の外周4面全てに回廊が廻っていること、そしてその回廊が浮いていることです。この回廊は建物内部から出る大きな梁によって支えられており、まるで建物が舟になったかのような印象。名前の由来はこれだったのですね。

宙に浮いた回廊

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい: 株式会社 けやき建築設計が手掛けた家です。
株式会社 けやき建築設計

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい

株式会社 けやき建築設計

回廊を浮かせた理由とは、この敷地は緑が多く少し窪地になっているため湿気が多く、通気性やカビ対策等のため出来る限り地面との接点を減らす必要があったため。そうして設置された浮いた回廊ですが、テラスのように多目的に使えるスペースは住み手に心地良い時間を提供し、さらに建物の見た目も軽やかになるという多くの利点を持ち、この住宅の大きな魅力のひとつになりました。木材の豊かな質感と色彩が美しく、手で触れて裸足で歩いて触感を楽しみたい回廊です。

大きな軒と腰屋根

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい: 株式会社 けやき建築設計が手掛けた家です。
株式会社 けやき建築設計

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい

株式会社 けやき建築設計

上空から見ると、回廊が建物を一周していることがよく分かりますね。軒を5尺(約1.5m)とたっぷり出し、木を張った外壁と回廊の保護を兼ねています。さらに屋根の真ん中に腰屋根を設け、光と風の通り道を作り出しました。夏は暑い空気が抜けていき、冬は低い光が北側の部屋にも届けられます。どこか神社のような厳かさも感じさせるこちらの住宅ですが、合板を一枚も使わずに自然の素材だけを使ったモダンかつ健康的な住まいです。

自然を感じる室内

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい: 株式会社 けやき建築設計が手掛けたリビングです。
株式会社 けやき建築設計

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい

株式会社 けやき建築設計

内部も木をふんだんに使用し、広々とした心地良い空間となっています。自然素材で造られた家の中を、森からの風が通り抜けていく… 室内にいながら自然そのままの気持ち良さや大らかさを感じる、深呼吸したくなるような住宅ですね。アイランドキッチンも木材を使用した空間に馴染むデザインをチョイス。

ミニマルなバスルーム

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい: 株式会社 けやき建築設計が手掛けた浴室です。
株式会社 けやき建築設計

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい

株式会社 けやき建築設計

天窓からの光が差すバスルームは、”和風ミニマル”とでも表現したくなる、無駄が削ぎ落とされた和の美しさを感じる空間です。こうした洗練されたインテリアがこの家を”民家”ではなく”現代民家”と呼ぶべき理由のひとつ。儚い陰影や格子が情緒を感じさせます。あなたも”民家”のイメージが変わったのではないでしょうか。

モダンな木造住宅について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!