HILL HOUSE: プラスアトリエ一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

街を眼下に。パノラマビューを持つ「HILL HOUSE」

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

本日紹介するのは大阪府に拠点を置くプラスアトリエ一級建築士事務所です。+atelier(プラスアトリエ)は日本の風景や風土、家族、そして過去や未来、それらと建築の「+」=「和」を考えます。「和」とは和えもの(加算)であり、調和であり、和みであり、和らぎ。つまり極めて日本的な意味をもつもの、と言えるかもしれません。そんな感性を持ってクライアントとの「和」を尊びながら「そこにあるべきもの」を創っていきたい… という想いを込め活動しています。彼らが手掛けた住宅の中から今回はHILL HOUSEを紹介します。

外観

敷地は高台にある閑静な住宅街です。ファサードは白と木材を基調にしたシンプルでスタイリッシュな外観。閉じられたデザインながら細く入れられたスリットや玄関へと続くポーチが建物に軽快さをプラスしています。清潔感があり、木材や効果的に植えられた植生などによって温かみを感じさせるファサードとなっています。

植生のあるポーチ

木製ルーバーを通して優しい光が射し込むポーチ。敷地入口に作られた前庭からポーチまで連続感のある庭作りでゲストを自然と導きます。大きな庭を持つのは無理という方でも、敷地入口から玄関までちょっとしたスペースがあるというなら、ぜひこのように植物を植えて小さな前庭を作ってみて下さい。ゲストにはより歓迎されているという印象を与え、住み手自身にとっても「ああ、家に帰ってきたんだ」とほっと気持ちを切り替えられる効果がありますよ。植物を育てるのが苦手という方は庭作りのスペシャリストに相談すれば、乾燥に強いもの、日陰を好むものなど状況に応じてぴったりの植物を選んでくれるので安心です。

パノラマビュー

こちらは二階に配置されたリビング、キッチン&ダイニングルームです。大きな開口部からは街の景色を一望できるというとても恵まれた立地、そして素晴らしいビューです。高台にあるため眼前を遮る建物が無く、目隠しの為のカーテンやブラインドも不要。多くの人を悩ませる開放感とプライバシーの確保の両立も、この住宅ではうらやましいことに問題になっていないようです。その分隣家に接している面は開口部を取らず、トップライトや光庭により光や風を呼び込んでいます。これだけパノラミックな開口部があれば他の部分は閉じていても良いと思ってしまいますね。

ディテールを大切に

内部はダイナミックな景観と対比させるように、白を基調にシンプルにまとめています。空間の性格や光の表情にあわせて木や左官材、タイル、海外製のクロスなどを部分的に使用してシンプル=単調にならないように配慮されています。ディテールを大切にすることで建物としての存在感を華美になることなく表現しているのですね。

環境に優しく更新性も高い

このように1階、2階とも大きな開口部を有しています。しかしこの開口部を含め、建物全体は高い断熱性・省エネ性能を有しており環境にも優しい設計。設備配管等も将来的にEV設置可能という、次世代の暮らしと自然環境にも対応できる住宅なのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!