セカンドリビング: 大出設計工房 OHDE ARCHITECT STUDIOが手掛けた和室です。

開放的な吹き抜けと2つのリビングがあるレトロ&モダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、開放感のある吹き抜けと雰囲気の異なる2つのリビングを持った住まいです。敷地が住宅地にあるために開口部の取り方を工夫し、生活のプライバシーがきちんと守られ、安心して暮らせる家が実現しています。どこか懐かしさを感じる雰囲気のインテリアにも注目です。このプロジェクトを手掛けたのは、茨城県を拠点に活動する大出設計工房です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

住宅地にある住まい

住まいのロケーションは茨城県水戸市内の市街地。住宅が建て込んでいる地域のため、プライバシーに配慮した家作りが求められました。住まいの建物は、瓦屋根とグレー系で落ち着きのある外壁を持った2階建て。敷地の境界にそれほど高くないウッドフェンスが設置されており、ゆるやかに空間を区切っています。建物の開口周りなどにオレンジ色のアクセントが利いていて、色使いやデザインにどこか懐かしい雰囲気が漂う外観となっているようですね。

開放的な室内空間

こちらはLDKを中心とした室内の様子。1階中央に位置するキッチンの横にはダイニング、キッチンの前にはリビングが配置されコンパクトにまとまっている印象ですが、天井が高い吹き抜けとなっているためとても開放的な雰囲気に包まれています。少しレトロなインテリアで、懐かしさと同時に心地よさが感じられるのもポイントです。キッチンスペースの上に張り出している2階部分は、セカンドリビングとなっています。

明るいダイニング

こちらはダイニングの様子です。吹き抜けの開口から光が差し込み、快適な明るさに包まれています。またダイニングには、庭に面して大きな窓が設けられており、外の眺めや雰囲気を楽しみながら食卓を囲むことが出来ます。ご近所の視線が気になる時や日差しを抑えたい時は、取り付けられたブラインドでいつでもコントロールが可能となっています。

シンプルで機能的なキッチン

こちらはキッチンの様子です。シンプルで機能的なデザインと広い作業スペースによって、効率的に家事に取り組めそうな印象。カウンターがオープンとなった作りなので、料理をしながら1階や庭の様子が良く見渡せるようになっています。吹き抜けや大きい開口により、このキッチンスペースも十分な明るさに包まれているようですね。

二つ目のリビング

リビング脇の階段を上り、張り出しているこのスペースはセカンドリビングとなっており、キッチンのちょうど上に位置しています。吹き抜けの窓から外の景色が楽しめ、見晴らし台からの眺めのような開放的な雰囲気。ちょっとした休憩スペースとして、住まいのお気に入りの場所として、ここで過ごす時間も長くなりそうな予感です。露出した梁や柱の存在感がそのままインテリアの要素として機能している室内の作りも印象的でお洒落ですね。

落ち着きのある寝室

こちらは2階の寝室の様子です。壁や天井にダークカラーが使われ、梁の存在感が際立っている印象です。色の効果からか、とても落ち着いた雰囲気の空間となっており、毎日よく眠れそうですね。また開口からは朝の日差しが気持ちよく感じられ、目覚めも良さそうです。階段部分は収納となっている屋根裏へ続いています。

懐かしさを感じるインテリアが魅力の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!