日高の家: TAMAI ATELIERが手掛けた和室です。

緑に包まれる快適な暮らし!吹き抜けが気持ちいいスタイルのある住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、豊かな自然の景色を感じながらリラックスした気分で暮らせる家です。吹き抜けによって室内全体がゆるやかにつながり、開放感に包まれた作りも魅力となっています。自然に癒されながらのんびりと暮らせる住宅に憧れている方には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、TAMAI ATELIERによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

豊かな自然の中に佇む家

周辺には森林があり、緑豊かな環境の中にゆったりとした雰囲気で佇んでいる2階建てのこの住まい。明るいトーンの板材が張られた外壁と、片側に大きく架かった屋根が印象的な外観をしています。玄関までのアプローチは、散歩をするような気分で景色を楽しみながらのんびりと歩けそうな作りとなっており、また建物の前には、ガーデニングも楽しめる広々とした庭があります。豊かな自然の中で伸び伸びと暮らしを楽しめる住宅となっているようですね。

眺めを楽しめるリビング

こちらは吹き抜けとなったリビングの様子。大きな開口の向こう側には気持ちのいい緑の景色が広がっており、この自然の眺めを住まいの一部として暮らしの中に取り入れています。室内にいてもまるで森の中のようなくつろぎと開放感が味わえ、心も体も癒されそうですね。室内は木のぬくもりを感じる優しくナチュラルな雰囲気のインテリアでまとめられており、例えば北欧スタイルの家具をバランスよく取り入れると空間がグッとお洒落な印象になります。

住まいをつなげる吹き抜け

こちらは吹き抜けより1階を見下ろした様子です。リビングの奥にはダイニングキッチン、大きな開口に面してはデッキテラス、そして庭が広がっているのがこの2階からも良く見渡せます。住まい全体がワンルームのようにつながりを持ち、一体感のある作りとなっていることが分かりますね。住まいのどこにいても家族の気配を感じられるので、安心感を持ってそれぞれのお気に入りの場所で過ごすことが出来ます。

スペースを有効活用

こちらは2階から吹き抜けを挟んで反対側の2階空間をのぞんだ様子。屋根の形を生かした勾配天井を有効活用して生まれたロフトのようなスペースは、作業場や仕事部屋など色々な用途で利用出来そうな雰囲気です。天井が低めのコンパクトな空間とはいえ、窓の外には豊かな自然が広がっているので窮屈な感じはそれほどなく、リラックスした気分で趣味や仕事に取り組めそうですね。また天窓からは光が差し込んで、十分な明るさも届きます。

ゆるやかに一体化する室内空間

今度はロフト側からの眺めです。吹き抜けを挟んで逆側の2階空間には、廊下とその奥には和室が設けられています。廊下との仕切りに設けられた引き戸を開けると、このように和室も吹き抜け空間と一体化し、1階や他の部屋の気配を感じやすくなります。また大きな窓によって森林の眺めに癒されたり、季節の変化を身近に感じられるのもいいですね。住まいのどこからでも緑の風景が毎日の生活の中で身近に感じられ、心地よく暮らせる作りとなっていることが分かります。

リラックス感抜群のバスルーム

こちらは洗面&浴室の様子です。壁にアクセントカラーが使われている洗面スペースは、角の空間を有効利用して収納を設け、引き出しの代わりにナチュラルなかごを多用することで優しい雰囲気に。バスルームは床や壁にはタイル、天井は板張りとなっており、強調し過ぎずにさりげなくセンスが感じられるお洒落なデザインとなっています。開口も設けられているため、快適な明るさに包まれ、リラックスしたバスタイムを楽しめそうですね。

吹き抜けが気持ちいい開放的な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!