​アウトドアが日常になる中庭を囲む家: 加藤淳一級建築士事務所が手掛けた家です。

普段着のように心地良い中庭のある住まい

JUTO JUTO
Loading admin actions …

この住宅のクライアントが希望したのは家は小さくてもアウトドアが日常になるような広い中庭。そんな要望に応えるべく加藤淳一級建築士事務所が設計したのは広い中庭を囲むように配置した住宅で、家のあらゆる場所にいても中庭を眺めたり感じられたりする住まいです。着心地の良い普段着のようなビンテージ感溢れる内装も必見です。

プライベートな中庭を意識した閉じた外観

新旧さまざまな住宅が点在するのんびりとした住宅地に計画されたこの住宅は、プライバーの配慮から比較的閉じたデザインの外観を採用。特殊なガラスで外部からの視線も程よく遮られ、プライベートな住空間を意識しています。1階の外壁には経年変化の楽しめる木板を縦に貼ったラスティカルな雰囲気、2階部分は白の塗り壁で変化をもたらしています。2階の屋根は後方に向って片流れになっており、圧迫感のなり佇まいを作っています。

仕上げの材料を吟味しよう

杉板にエコロジカルな塗装で仕上げた風合いの美しい外壁です。新築された瞬間からどこか懐かしい温かな雰囲気を漂わせる住まいってほっとしますよね。玄関ドアには赤味のある木を採用。こちらもナチュラルな木の質感が素敵です。「経年変化を楽しむ自然素材の住まい」も木の温もりを感じさせるお洒落な住まいです。是非ご覧ください。

内部も木をふんだんに使って温かみのある空間に

素朴なモルタル仕上げの三和土が木の素材を使った建具やウッドフロアと調和した玄関廻り。左手の引き戸は階段下を利用した収納スペースでしょうか。玄関を入ると目の前の窓越しに中庭を見ることができます。

中庭が眺められる玄関

玄関ホールと廊下の横長窓を開ければ中庭と緩やかに繋がり、暗くなりがちな空間に十分な採光をもたらしてくれます。それぞれの内部空間を求心的にまとめてくれる中庭を介して各居室での気配をお互いに感じることができる住空間です。リビングへの木製建具のドアや裸電球をそのまま見せた照明なども温もりのあるインテリアも参考になりそうですよね。

ふと目を奪われる味のあるインテリア

決して広くはない住空間とは言ってもふとした瞬間に目を奪われるようなシーンを生み出す空間はこの上なく豊かな日常生活を彩ってくれます。こちらはリビング。ビンテージ風の味のあるフローリングや木張りの壁が心地良い雰囲気を醸し出し、新築にありがちなツルツルピカピカの空間ではなく、すっと肌に馴染むような質感が素敵ですよね。

限られた空間でも開放感がいっぱい

緩やかに勾配した天井が安心感をもたらしてくれます。道路に面した壁にはハイサイドライトのみ。その代わり中庭に向って設置した掃き出し窓を全開すれば縁側風のテラスを介して中庭と繋がり、内外が一体化した開放感のあるリビングに。レトロな雰囲気のソファや照明が温もりを感じさせる空間にぴったりです。

見た目も美しい収納のデザイン

個室もそれぞれ雰囲気のある内装で個性ある空間にデザインされています。こちらは昔ながらの押し入れを思わせる収納スペースのある寝室。奥行きのたっぷりの収納の内壁はグリーンを採用。仕切り戸を開けていても絵になりますよね。中庭に向って設けた窓は住空間の連続性を作り出し、近隣に面した開口からは光や風を取り入れながら、外部との対話を生み出します。

限られたスペースを素敵に演出

こちらは書斎でしょうか、窓のポジションも絶妙ですよね。落ち着いた色合いの壁が周囲の風景を縁取ります。限られた面積でも個人のための機能的な空間は大事ですよね。その代わり家族と過ごすのは広々としたプライベート感溢れる中庭で。

普段使いの中庭

決して大胆なデザインではなく開口の位置や光の入り方など入念に検討された豊かな内外空間が広がる住まい。クライアントの要望であったバーベキューやピクニック、お月見や雪遊びなど四季折々の楽しみ方ができる普段使いのアウトドア空間、是非参考にしてみてください。

味のある木の素材が目を引く内部空間と繋がる中庭が素敵な住まいです。皆さんの感想も是非聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!