PIANO HOUSE K.448: NI&Co. Architects 一級建築士事務所が手掛けたガレージです。

住宅を断熱にするときに知っておきたいこと

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

日本の住宅において断熱は、エネルギー効率を高めるだけでなく快適な住環境を提供してくれる最善の方法です。一口に断熱といってもその方法は様々です。そこでこの記事では住居の断熱について知っておくべきことについてご紹介します。

壁の断熱

壁の断熱は、家が建設される際にすでに施工されている場合がほとんどです。大きくは外張断熱と内断熱の2種類に分類されますが、建築の構造によってメリットデメリットがあるので、建築家の方と相談しながら進める方がいいでしょう。壁のデザインについてはこちらも参照してみてください。

床の断熱

床の断熱も大きく分けて2種類となります。床断熱と基礎断熱です。これは施工方法による違いですが、構造よりも天候などの環境やエネルギー効率によってことなります。あと気をつけなければいけないことは床下結露が発生する場合がありますので、これも専門家と相談しながら進める方がいいでしょう。

エネルギー効率の良い窓

窓は住宅の中で最も熱交換が発生する場所です。ですので断熱を考えるときに最初に考えるべきであり、最も効率的な場所でもあります。2重窓は簡単に行える断熱方法で、近年ではDIYでできるものも増えています。またもっと簡単な方法としては断熱フィルムをはることでも効果がある場合があります。ぜひホームセンターで確認してみてください。写真の窓は矢内建築計画 一級建築士事務所のHouse in Hashieです。

写真撮影:新澤一平

断熱処理と素材

壁、床、天井、窓と断熱する場所、工法はそれぞれですが、やはり知っておきたいのは断熱素材です。大きく分けて繊維系と発泡プラスティック系とに分かれます。発泡プラスティック系は断熱性能が高いと言われていますが、もちろん断熱材の厚さ、瀬高面積によっても違いますし、繊維系は火災に強いなど他のメリットもあります。こちらも施工規模やエネルギー効率など総合的に検討したほうがいいでしょう。

導入コスト

西岡本のコートハウス: 田中一郎建築事務所が手掛けた和室です。
田中一郎建築事務所

西岡本のコートハウス

田中一郎建築事務所

断熱工事の導入コストはもちろん一概には言えません。やはり専門家と相談しながら見積もりをみて検討していく方がいいでしょう。ただ、窓の断熱工事ですと、断熱シートであれば比較的リーズナブルで導入できますし、2重窓ですと10万円前後で導入できるものも存在します。

どれぐらいお金がセーブできるか

もちろんこれも地域差が大きく関係してきますが、一部試算によると年間で冷暖房費が10万円近く変わってくるという試算もあります。これを施工費用と照らし合わせれば10年で100万円となりますので、長期的に住むということを考えると導入を検討する価値はあるのではないでしょうか。なによりも冷暖房を使わないだけエコフレンドリーに住むこともできます。他の断熱住宅の例も参考にしてみましょう。

断熱についてはこちらの記事でも紹介しています。

断熱について知っておきたい6つのポイント

広々と明るく、冬でも暖かい!開放感と断熱性能を兼ね備えた家

いかがでしたでしょうか。皆さんのアイディアお聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!