MIY: ZOYA Design Officeが手掛けたダイニングです。

モダンで居心地の良いコンクリートの家「MIY」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

モダンな家と言うと、コンクリートの家を思い浮かべる人がいるかもしれません。型枠から外しただけのコンクリートをそのまま使う打放しコンクリートは、強い素材感を感じさせ、シンプルだけれど個性を持った建物を作ることができます。今回紹介したいのも、そんなコンクリートの家です。それがどんなモダンな住まいになったかを早速見てみることにしましょう。

シンプルでも個性を感じさせる外観

今回紹介する家を建てたのは建築事務所ZOYA DESIGNOFFICE。本住宅は建築家Takehiko Isekiのコラボレーションと言う形で実現しました。家が建つのは住宅地。そんな場所で本住宅は人目を引き付けるでしょう。建てられたのは鉄筋コンクリート2階建ての建物。その外壁は打放しコンクリートが用いられています。建物自体に目立つ装飾はないのですが、コンクリートが存在感を感じさせ、シンプルな家であっても強い個性を感じることができるでしょう。

家の中に広がる軽やかな空間

コンクリートの家で多いのは外側も内側も同様に打放しコンクリートになってしまうこと。そうなると強い個性を持つ空間は、あまりにも存在感を持ちすぎることになり、重たささえ感じさせることになるでしょう。ですが本住宅でそれを感じることはありません。家の中に広がるのは白色の壁。家の内部の壁はコンクリートばかりにならないように考えられており、白色の壁が軽やかな空間を演出しています。

縦にも横にも広がりを感じられる吹抜け

本住宅の大きな魅力となるのは吹き抜け。1階と2階が繋がるだけでなく天井裏が無いため、高さのある空間になっています。このような空間で上を見上げると打放しコンクリートの屋根が見えて、白色の壁と美しいコントラストを作りだしています。一方で周りを見渡すと見えるのは吹抜け周りにある部屋。吹抜けには幾つか開口部が設けられており、他の部屋と繋げられています。そのため空間が仕切られず、縦にも横にも広がりを感じることができるのです。

明るい空間

このような空間は広がりだけでなく明るさを感じさせてくれます。屋根には幾つかの天窓が取り付けられており、天井からの光を家の中にもたらしています。また大きく開け放つことができる窓からも暖かな太陽の光を家の中に導くことができます。このような光は吹き抜けを満たすだけでなく、そこに繋げられた空間にも広がり、家全体を明るくしてくれるのです。

モダンで居心地の良い家

コンクリートの家は装飾を抑えてモダンな雰囲気を感じさせます。本住宅はそんなモダンな雰囲気を活かしながらも、天窓や明るい色の壁で明るさや軽やかさを感じさせてくれます。そのためコンクリートの冷たさや重々しさを必要以上に感じることはありません。そしてモダンで居心地の良い空間を楽しむことができるのです。

モダンな家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!