テラスとベランダの違いとは?屋外スペース用語とそれらの違い | homify Japan
蕨市のコートハウス: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたベランダです。

テラスとベランダの違いとは?屋外スペース用語とそれらの違い

テラスとベランダの違いとは?屋外スペース用語とそれらの違い

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

テラスやベランダなど、住宅の屋外スペースを表す言葉はいくつかありますが、何がどのような場所や空間を表すのかあまり分からず、曖昧になっていないでしょうか。そこで今回は、テラスやベランダといった屋外スペースの言葉の違いについて詳しく見ていきたいと思います。それらの違いをきちんと把握して、専門家との話し合いの中でも誤解のないようにしていきましょう!

テラスの意味

テラスとはまず、建物の1階にある地面よりも一段高くなった屋外スペースのことを言います。屋根の有無は様々であったり、屋上にある場合に「屋上テラス」といった使い方をされることもありますが、基本的には1階にあるそうしたスペースのことを指します。テーブルや椅子を出してそこで食事できるような様々なアクティビティが可能であるだけでなく、室内と掃き出し窓や扉でつながり、さらに庭があれば庭にもテラスから行き来できることで、屋内と庭を緩やかにつなげる役割も果たしてくれます。

バルコニーの意味

では次に、バルコニーについて見ていきましょう。バルコニーとは、2階以上の階にある手すりで囲まれた屋根のない屋外スペースのことを言います。また、下の階の屋根を利用して大きめに作られるバルコニーのことをルーフバルコニーという言い方もされることがあります。それについては、「ルーフバルコニーで開放的な屋外空間を住まいに!その使い方まとめ」も参考にしてみて下さい。

ベランダの意味

では、バルコニーとベランダの違いは何なのでしょうか。それらの大きな違いは、屋根が付いているか付いていないかになります。先程のバルコニーは屋根が付いていない屋外スペースであったことから、ベランダとは、屋根が付いている屋外スペースのことを指します。つまり、一般的なマンションの建物の形での屋外スペースは、上の住戸の屋外スペースの床が屋根となるベランダということになります。

縁側

こうしたテラスやバルコニーといった屋外スペースを表す言葉は、西洋から来たものですが、日本の住宅においても古くから独自のそうした屋外空間がありました。それが縁側です。縁側にも様々な種類があり、中には一見テラスのようなタイプもありますが、それらの大きな違いは、和風か洋風の建物スタイルかの違いで区別することができます。

デッキ

デッキという言葉によって屋外スペースを表すこともあります。デッキのもともとの船の甲板という意味から、建築では屋外に設けられる床部分のことを指します。主に木材で作られるウッドデッキとして用いられることがほとんどではないでしょうか。こちらの野口修アーキテクツアトリエが手掛けた住まいのように、室内の木材で仕上げられた床材と同様に、屋外スペースでも木材の温かさを感じられる場所となってくれます。

写真:野口修一

まとめ

このように、それぞれの用語には違いがあり、それに従えば使い分けることができます。しかし、実際には屋根がある屋外スペースでもバルコニーと呼ばれていたり、縁側のことをテラスと呼ばれている場面を見かけることがあると思います。重要なことは、家づくりや物件探しなどにおいて、そうした用語の誤解からあなたのイメージとは違う住まいになってしまわないようにすることです。今回の用語の違いなどを通して、屋根の有無や設置階数の確認などを丁寧に確かめるなどしてみるといいかもしれません。

しっかりと理解して、誤解のないようにしていきましょう!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!