内と外を繋げるには?

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

家という入れ物に求められることは、まず個々の生活を外の世界から守るということ。それは第一に寒さや暑さ、その他の不快な天候から生活を遮断し、快適に暮らすということです。次に家というプライベートな空間を外からの視線から守ることも重要視されます。そこで大切なのがバランス。家を外の世界から完全に遮断してしまうのでは、守られるというより閉じ込められるという感じになっていましますね。家の内と外を繋ぐことで、開放感や自然光溢れる家になることでしょう。また外を内に繋ぐことによって、生活の幅も広がります。

パノラマウィンドウ

リビングからのお庭の風景: Egawa Architectural Studioが手掛けたリビングです。
Egawa Architectural Studio

リビングからのお庭の風景

Egawa Architectural Studio

外の景色を取り込むのは、室内と室外を繋げる最も優れた手段の一つで、パノラマウィンドウだと、それを効果的に行えます。名古屋市を拠点に活動するEGAWA ARCHITECTURAL STUDIOが手掛けたこちらのプロジェクト、「終の棲家」は、和モダンなお住まい。リビングルームの天井から床まであるパノラマウインドウからは緑の生い茂る林が見えます。窓を開け放つと、すぐ目の前まで迫っている木々が風にざわめく音まで聞こえてきそうですね。空気もとっても良さそうです。四季折々の自然の姿が家の中にいて楽しめる、とても素敵なリビングです。

全開できる窓

こちらは宇佐美建築設計設計室が手掛けたこちらのお宅のリビング。開放的な眺望を確保するために、内から外へと連続してつながるよう全開口できるガラス戸が設置されています。窓を全開することによって、内と外との境界線があいまいになり、リビングルームがとても広々と感じられます。正面のベンチソファはベッドとしての機能もあるそうで、開け放たれたリビングで外の空気を感じながら、うとうとするのは気持ちがいいでしょうね。

光の溢れる部屋

南向きのお部屋や日当たりの良いアパートに人気があるのは、やはり誰でも明るい家に住みたいからでしょう。都会にいても田舎にいても得られる自然の恵みである自然光。この先いくら技術が発達しても、代用できないものだと思います。大分市の建築会社、LIVE SUMAI -アズ・コンストラクション- が手掛けたこちらのリビングには、窓から差し込む光が溢れており、写真を見ているだけでも思わず眩しさに目を細めてしまいそうになります。太陽の光はガラスという境界線を通して家の内側に入ってくる、まさに内と外を繋ぐものですね。光溢れるお部屋にするために窓辺にはなるべくものを

自然の要素を取り入れる

都会に住んでいて周りに木々がない場合、家にいても自然を感じられるようにぜひ観葉植物を取り入れましょう。室内の雰囲気が優しく、心地よいものに変わりますし、土の香りやみずみずしい葉っぱが、きっとあなたに安らぎをもたらしてくれるはずです。

自然のモチーフを取り入れた壁紙

ポルトガルのデザイナー、INTERACTCREATIVE が提案するこちらの壁紙は、蝶や鳥が飛び交い、花が咲き乱れるトロピカルなもの。中央にはキリンまでいます。とても精巧に描かれており、壁紙というより絵画のようですね。そしてその絶妙な構図はまるで窓から外を眺めているような、そんな錯覚さえ覚えさせます。これを一面壁に取り込むと、とてもインパクトのある部屋になり、プライベートなホームサファリが楽しめます。

庭のライトアップ

庭のライトアップは庭にいる時だけでなく、その庭に面した部屋でくつろいでいるときにも行いたいものです。ライトアップされた庭を室内にいながらにして夜でも眺められ、外にあるプライベートな空間を楽しむことができます。こちらのお住まいは各所に設置されたスポットライトが、優しい光で庭を照らし出しています。ライトアップの方法次第で庭の見え方もずいぶん変わります。思い描く庭のイメージに近づくよう、照明にこだわってみましょう。

内と外を繋げ、生活の幅を広げられるといいですね。コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!