見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

3つの庭が風景を作り出す家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

都市部の住宅設計における永遠の課題は、いかに明るくて開放的な空間を実現するかということに尽きるのではないでしょうか。さらに光や風、植物などが建築を取り込みながら織り成す風景を生み出すといった要望に応えるのは容易なことではありません。本日はそんな難題をうまく解決した加藤功建築設計事務所による住宅を紹介したいと思います。

ファサード – 騒音やプライバシーの対処法

この家は交通量の多い道路に面した敷地に建っています。周りは近隣住宅に囲まれ、十分な採光を確保するにはあまり恵まれた条件とは言えない立地です。道路に面したファサードは騒音やプライバシーへの配慮から開口のないフラットなものにしています。建物の南側は1層分、北側は2層分のボリュームをずらして配置しています。それによって北側壁面に反射した自然光が南側の室内に送られるわけです。

玄関先の坪庭

御影石のしっとりした黒色が美しい玄関口を入って行くと石の敷き詰められた坪庭があります。日本庭園のように配置が計算された植物や石が、シャープな建築を背景に落ち着いた風景を作り出しています。

風景を作り出す庭とそれを享受する和の空間

坪庭に向って和室が設けられています。素晴らしい眺めですね。クリアなガラス壁が風景を邪魔せず、内外環境が溶け合うような空間です。青々とした縁なし畳や簡略化した床の間の設えなどがモダンな和の体系を作り出しています。質感の違う内壁仕上げが空間に異なる表情を与えます。

居室と庭を交互に配置することによって奥行きを生み出す

それぞれの居室を挟む形で3つの庭が配置されています。こちらはリビングスペースから2つ目のタイル張りの庭を隔てて前述の和室の方向を見たところです。リビングスペースの上部は吹き抜けになっており、2層分の大きさの開口から中庭を通して十分な採光を確保し、ダイニングキッチンと一体となった開放的な空間が実現しました。

ファニチャーのようなキッチン

オープンキッチンでありながら、ファニチャーのようなデザインで統一しているため、生活感を感じさせないクールなダイニングキッチンです。空調をルーバーで覆ったり、ビルトインの収納にすることで、うるささを排除した落ち着いた空間ですね。3つ目の光庭が左手に見えます。こちらも石を敷き詰め植栽された庭です。植物の影が室内に入り込んできます。1日の光の変化、四季折々の風景を楽しめる住宅ですね。

あらゆる方向から採光を確保する

ダイニングキッチン上部に設けられた開口からも光を取り入れています。空や雲の様子も感じられる室内です。

快適な家作りのアイデア – 居室と庭の関係

3つの庭と各居室が重なり合い、奥行をもった風景が創造されます。都市にはまだまだ快適かつ変化に富んだ家作りの可能性が秘められているのでしょう。採光をうまく取り入れる開口の設け方、開放的な空間構成など参考にしたいアイデアがいっぱい詰まった住宅です。

明るく開放的な家が3つの庭によって実現したプロジェクトについて何か感じることはありましたか?是非感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!