吹き抜けによって生まれる一体感!天然木のぬくもりが心地いい家族の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
三橋の家 株式会社山岡建築研究所 モダンスタイルの 玄関&廊下&階段
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、リビングの吹き抜けを中心として住まいの空間がゆるやかにつながったシンプル&ナチュラルな家族の家です。天然木がたくさん使われ優しい雰囲気にあふれた室内は、リラックス感が抜群。また家のどこにいても家族の気配を感じることが出来る作りとなっており、安心して暮らせるのが特徴です。このプロジェクトは、埼玉県を拠点に活動する山岡建築研究所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

優しい雰囲気のモダンな外観

ロケーションは埼玉県にある住宅地。少しなだらかな坂道に面している木造2階建てのこの住まいは、日当たりのいい道路面の1階にテラスがあり、周りをウッドフェンスで囲むことによってプライバシーをきちんと確保しています。2階バルコニーの手すり部分と、1階のウッドフェンスのナチュラルで優しい素材感が、モノトーンのモダンな建物の外観のアクセントにもなっている印象です。

吹き抜けのリビング

こちらは1階のLDKの様子です。リビングの天井は吹き抜けとなっており、明るく開放感があります。室内全体に天然木がふんだんに使われており、優しい木のぬくもりに包まれて心も体もリラックス出来ます。また吹き抜けによって1階と2階が空間的につながり、ワンルームのような一体感が生まれています。2階からこのリビングの様子をすぐに見下ろせるので、家族がお互いの居場所を把握しやすく、安心して過ごせるのも大きな特徴となっています。

シンプル&機能的なキッチン

アイランド型のキッチンはオリジナルで作られたもの。シンプル&機能的なデザインで、家事が効率よく進められそうな印象です。壁面に作り付けられた棚もオリジナルのデザイン。収納力が抜群で、食器や家電、食材など物であふれてしまいがちなキッチン周りをスッキリと片づけることが出来そうです。

ウッドフェンスに囲まれたテラス

リビングの大開口に面しているテラスは道路側にあるため、ウッドフェンスを設置することによって、外部からの視線を遮り住まいのプライバシーを守っています。テラスにはウッドデッキが敷かれ、リビングの延長空間として屋外の開放感を楽しんだり、のんびりと日向ぼっこをしたり、きっと家族のお気に入りスペースになっているのではないでしょうか。住宅地であっても工夫次第で快適な屋外空間を作り出すことが可能であることを、この住まいは教えてくれています。

一体感のある2階空間

こちらは2階ホールの様子。2階には吹き抜けを中心に囲むようにして部屋が配置されており、またバルコニーにも出ることが出来ます。格子状となった手すりがしっかりと設置されているので、このホールはお子様の遊び場として利用することも可能となっているそうです。ご両親が1階のリビングからお子様の様子を見たり、声をかけたりできるので安心感もあります。階が違っても自然とコミュニケーションが生まれる雰囲気のある住まいとなっているようですね。

ロフトのある子供部屋

こちらは2階の子供部屋の様子です。引き戸を開けることによって2階空間がつながりを持ち、さらに吹き抜けを通して1階にも気配が伝わるので、1階にご両親がいても安心して過ごすことが出来ます。またこの子供部屋にはロフトがあり、そのロフトの床はスノコとなっています。これによって、子供部屋の天窓から来る自然光がスノコを通って2階廊下部分にも届けられるようになっています。

天然木の優しい雰囲気が快適な家族の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!