峰山の家: 株式会社ハマノ・デザインが手掛けた家です。

全開放できる光庭とテラスのある明るい住まい

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは付近に緑が残るヒナ段状に開発された住宅地に建つ夫婦+子供のための平屋建ての住まい。株式会社ハマノ・デザインが手掛けたこちらの住宅では、テラスや光庭など外部空間をうまく活用することで、とても明るく開放感ある内部空間が広がっています。またガラスを多用することで、物理的には空間を仕切りながらも、光や視線、気配を通してつながりを確保することが図られています。さらに引き戸を利用して空間の開き具合、つながり具合を調整することで季節、時間、シチュエーションに応じた空間の利用の仕方が可能です。では詳しく見て行きましょう。

傾斜をうまく生かした構造

敷地はひな壇上に開発された住宅地の一画。正面から見るとまるで地面から浮いているかのような外観が印象的です。土地の形状を生かし、道路レベルにはガレージと階段アプローチが設けられ、グランドレベルの平屋にその他の生活スペースが確保されています。またグランドレベルの平屋は敷地から25cmほど浮かび上がっているため湿気対策ともなっています。

訪れる人をあたたかく住空間へ導く階段アプローチ

道路レベルにあるアプローチ階段の入口およびガレージの様子です。ミニマルな箱型の上部に合わせたすっきりとシャープなデザイン、色は建物外壁の色とは対照的は白が用いられています。階段アプローチへの入口にはガラス扉が採用され、内部からの暖かな光が外部へ溢れだします。この玄関へとつながる階段アプローチは内壁に木が用いられ、外壁のモダンでシャープの印象とは対照的に、ナチュラルで暖かな雰囲気で、家族や家を訪れる人をあたたかく迎い入れます。

開放感あるLDK

こちらはLDK部分。右の階段下のガラス越しにアプローチ部分の木の内壁が見て取れます。出入りする人の気配を伝え、また階段アプローチの光は内部へ漏れ出します。LDKの横には全面開放できるサッシが設置されたテラスがあり、暖かい日にはここを全面開放すればテラスがLDKの一部として内部に取り込まれます。また、キッチンに連続するサービステラスには、前後に全開放サッシが取り付けられ、冷たい風の吹く日にも快適に洗濯物を干したり取り込んだりできるように工夫されています。さらに、キッチンとリビングスペースの間にはガラスの引き戸が設けられ、空間をテンポラリーに仕切ることができるようになっています。透明な引き戸を採用することで、開放感を損なうことなく、開閉の「加減」を調整することができ、様々なシチュエーションに則したスペースを作り出すことができますね。また、空調を効率的に行うためにも有効といえるでしょう。

光庭に面した明るい空間

LDKを違う角度から望むと、目に留まるのがキッチン横にある曇りガラス。実はこの奥にはキッチンと浴室の間に設けられた光庭があります。光庭とは、主に光を確保するために設けられた中庭のことを指します。この建物の立地する地域の冬の気候、日本海側気候には、雪が深く、日照時間が短く、北西風が強いという特徴があります。厳しい気候下でも快適な冬が過ごせるように採用されたこの光庭があることによって、南側と北側から採光でき、とても明るいキッチンが実現しました。

露天感覚の浴室

光庭に面した明るい浴室。キッチン側に曇りガラスが採用されていることで周囲からの視線を気にすることなく、開放感ある入浴を楽しむことができます。こちらの浴室のサッシも全開放することができるため、露天風呂として楽しむことも出来ます。

全開放できる光庭とテラスのある明るい住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!