island: ミズタニテツヒロ建築設計が手掛けた家です。

程よい距離感をもった二世帯住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

二世帯住宅に住む場合、留意したいのは適度な距離感ではないでしょうか?たとえ親子でも各々が独立した家庭をもち、ライフスタイルを確立しているわけですから、可能であれば玄関はもちろん棟も別にするのが理想かもしれません。今回はそんな理想的な二世帯住宅を紹介したいと思います。北海道に拠点を置くミズタニテツヒロ建築設計による住宅をさっそく見てみましょう。

外観を統一した二世帯住宅

敷地は住宅地でありながら4面を道路に囲まれた恵まれた立地にあります。道路に対してに平行に建物を配置することで台形の敷地に台形の建物が建てられました。その結果微妙に視線がずれ、プライバシーの確保と程よい距離感が生まれました。大家族に対応できる余裕のある駐車スペ—スが確保されています。黒い外壁がシャープな印象を与えますね。開口の位置が配慮され、外部からの視線も気になりません。

異質の素材が調和する内部空間

親世帯は木造なのに対して子ども世帯はRC造、それぞれの個性を生かした建物になっています。こども世帯のリビングは開放的な吹き抜けになっており、打ちっぱなしのコンクリートと木板張りの床や天井、壁のバランスが美しいですね。北国には必須の暖炉の煙突が天井まで伸びており、空間の広がりをさらに強調しています。スキップフロア的な空間の構成や開口が様々な視界を生み出します。

天井高や床レベルの変化が空間を豊かにする

リビングから数段上がると天井高を抑えたダイニングキッチンです。タイル張りのキッチンや金属製の手摺など、異種素材を巧みに融合させています。オープンな階段が空間を開放的に保ちます。床と天井を同系色のウッド素材にした暖かみのある空間です。

曖昧な仕切り – 段差をつけることで空間を分ける

リビングとダイニングキッチンは壁で仕切られておらず、数段のステップによって閾を作っています。上階への階段に違う素材を使うことで、空間に軽さを出しています。

玄関周りの – 飾り棚の効果

玄関も木板張りの天井です。採光が十分確保された三和土から連続するフローリングと共に奥行を作り出します。ニッチを利用した飾り棚にはクライアントのお気に入りのフィギュアでしょうか。たくさん並べられていますね。シンプルでクールな玄関口に遊び心がなんとも微笑ましいですね。夜間には照明の効果が一段と空間を引き立てるのでしょう。

北欧テイストの品の良い部屋

無垢材のドアでしょうか、フローリングや天井材ととてもマッチしています。日本人の嗜好と非常に相性が良い北欧調の品の良いインテリアや家具ですね。空調口を床材と同系色にしたディテールに凝った設計です。中庭に面した大きな開口が採光と眺めを確保しています。

モダンな和室のある空間

こちらは親世帯の木造棟です。やはりダイニングキッチンとリビングスペ—スが一体になった欄間部分をオープンにした開放的な作りですが、室の一角に和室を設けています。ちょうど腰をかけても良い高さに設けられていますね。縁なしの畳やダウンライトを使うことでモダンな空間になっています。

家族みんなが集まる中庭

この二世帯住宅を設計するにあたって、お施主さんからの要望に「家族みんなが集まれる中庭」が要望としてあったそうです。建物の軸を振ることによって生まれた台形の中庭は、プライバシーを保ち、気兼ねなく家族が集まれる空間となりました。クールな建物の外観を背景にウッドデッキと植栽が暖かく親密な空間を作り出しています。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ     

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ      

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

家族みんなが集まれる中庭のある二世帯住宅はいかがでしたか?是非感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!