Bemzが手掛けた

ソファベッドを取り入れてミニマルコーディネートを

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

ソファベッドは、コンパクトな一人暮らしの部屋や来客のための寝床として活躍する多機能家具。普段はソファとして利用し、必要に応じてベッドとして展開できるため、省スペースやミニマルコーディネートを目指す方には、ぜひ取り入れていただきたいアイテムです。今回はソファベッド導入のときに、気を付けたいことやデザインについて考えていきます。毎日使うものとして、または時々使うものとして選ぶ場合では、チェックしたいポイントも変わっています。それでは早速見ていきましょう。

ソファベッドのサイズって?

ソファベッドというと、どれくらいのサイズを思い浮かべますか?実際のところ、いろんなメーカーから様々なサイズ感のものが出されており、コンパクトな一人掛けソファがシングルベッドになるもの、コーナーソファがダブルベッドになるものなど、しっかり探せば置きたいスペースにぴったりのデザインのものが見つかりそうです。例えばこちらのソファベッドは、IKEAのもので幅は140センチ。ソファとしても2mの幅があるため、たくさんの人と集まるときにも便利ですね。

リクライニングシートとしても

来客時用として、リビングのソファをベッド付きにした場合、普段は寝台として展開することがないかもしれませんが、こちらのソファはもう少し便利な機能が組み込まれています。ご覧のように、普通のソファとしても利用できますが、引き出すことでリクライニングシートに変身が可能!一人掛けの椅子にオットマンを付けるのと同じような使い方ができて、日常的にいろいろと変化をさせて楽しむことができそうですね。株式会社・ボーコンセプト・ジャパンの扱う製品です。

コンパクトルームの救世主!

一人暮らしのコンパクトサイズのアパートでは、家具はなるべく余分を置かずにすっきりとレイアウトしたいもの。畳の部屋ならば布団を敷いたりできるところですが、フローリングの物件ではやはりベッドが必要になってきます。家でもちょっとくつろげるように、ソファがほしい、と思われるのであれば、やはりソファベッドがおすすめです。こちらのお宅は、16平米という狭小住宅。選ばれた家具は、幅が2メートルほどのものでベッドとして利用するときにも幅を取らず、寝心地もよさそうですね。

シンプルな形のデイベッド

ソファベッドといっても、必ずしも折り畳み式のものばかりではありません。こちらのお部屋では、いわゆるデイベッドが置かれています。分厚いマットレスのような形状で、周囲に装飾物がないため、とてもシンプル。日中には、クッションを壁寄りに重ねて背もたれとして利用し、夜には枕と布団を広げればベッドに早変わり。シンプルな形状で、インテリアとしてもミニマルでおしゃれですね。からくりがない分だけ、コストパフォーマンスもよさそうです。

テーブル付きで機能的

シンプルな部屋づくりを目指すならば、細々とした家具などは省略したいところ。とはいえ、必要なものは省けませんよね。こちらのソファは、ベッドとして使えるのはもちろんのこと、両サイドのひじ掛け下に収納可能なミニテーブルが収められています。不要な時は仕舞い、読みかけの本や飲みかけのドリンクなどをちょっと置く場所として活躍してくれそうです。両サイドで同様に利用できるため、使い勝手がよさそうですね。

手前に長く倒すタイプでのポイント

ソファベッドを選ぶときに気を付けたいのが、寝台として展開した場合に、どちらの方向にどれくらいのスペースが必要になるかということ。例えばこちらの家具では、手前側にソファの奥行きと同じ幅が必要になります。つまり、ソファ前にテーブルを置く場合、それを除けなければスペースができないということに。広い部屋では特に問題はないかもしれませんが、コンパクトサイズのお宅で省スペースを考えての導入ならば、毎日二度、テーブルを移動させなければならないということを考慮に入れなければなりません。広げたときのサイズも考えて選びたいですね。

参考になるもの、見つかりましたか?ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!