見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

多彩な表情を見せる家「Hazukashi House」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家の個性を感じるとしたら、多くの人がその外観を考えるかもしれません。家の顔ともなる外観は、外から眺めることができるため、個性を感じさせる場所になります。ですが外観にオリジナリティがあっても、内装に個性がなければ、他の家と大きな違いが無いかもしれません。そこで紹介したいのは家の空間にこだわり、他とは違う印象を与える家です。

ウナギの寝床のような敷地

Hazukashi House: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングルームです。
ALTS DESIGN OFFICE

Hazukashi House

ALTS DESIGN OFFICE

今回紹介する家が他照らられたのは京都の街。それを手がけたのはALTS DESIGNOFFICEです。家が建つ敷地はウナギの寝床のような場所になっており、その形状は家に大きな影響を与えています。特殊な形状の敷地で問題となるのは採光。家は通りに面して建てられていますが、両脇には隣家が迫っています。そのため両脇からの日差しを取り込むことはできません。そこで、ここでは多くの光を取り入れることが考えられました。

個性を感じさせる空間

Hazukashi House: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングルームです。
ALTS DESIGN OFFICE

Hazukashi House

ALTS DESIGN OFFICE

建物の外観はとてもシンプルなものになっています。木造2階建ての建物の外壁は白色にまとめられています。それは清潔感を感じさせてくれるでしょう。そんな建物で目立つのは三角の形をした屋根。それ以外には目立つようなものは取り付けられておらず、建物のシンプルさが一際際立ちます。ですが、その印象は家の中に入ると覆されるかもしれません。なぜなら家の中には個性を感じさせる空間が生み出されているからです。

単調にならないように考えられた吹抜け

Hazukashi House: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングルームです。
ALTS DESIGN OFFICE

Hazukashi House

ALTS DESIGN OFFICE

家の中で大きな特徴があるのは吹き抜けの部屋。そこでは木の存在感を強く感じられるでしょう。それを感じさせるのは壁。少しくすんだ味わいのある木の板が壁を覆っています。一部の壁は横方向に、そして別の場所では縦方向に木の板が張られるなど壁ごとに違いを作りだしており、壁の印象が単調にならないようになっています。もちろん自然素材である木は暖かな雰囲気を感じさせてくれるでしょう。

土間が感じさせる多彩な表情

Hazukashi House: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングルームです。
ALTS DESIGN OFFICE

Hazukashi House

ALTS DESIGN OFFICE

吹抜けの部屋には他にも強い印象を感じさせるものがあります。それは他の部屋よりも一段床が低くなっている土間空間です。通常であれば、木の壁と木の床というように木でまとめられてしまうことが多いのですが、ここでは敢えて土間が設けられています。そのため吹抜けは他の空間で見られないような多彩な表情を感じさせることになるでしょう。

ウナギの寝床でも明るい家

Hazukashi House: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングルームです。
ALTS DESIGN OFFICE

Hazukashi House

ALTS DESIGN OFFICE

ウナギの寝床のような敷地は採光を得ることが簡単ではありません。そこで本住宅で考えられたのは吹抜けでした。両隣に建物があれば、それらは太陽の光を遮ってしまいますが、家の高い位置では建物の影になりにくいため、そこからは光を取り込むことが可能です。そんな2階に射し込む光を1階にもたらすために、ここでは吹き抜けを設けることしたのです。

個性的で快適な住まい

Hazukashi House: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたリビングルームです。
ALTS DESIGN OFFICE

Hazukashi House

ALTS DESIGN OFFICE

家の中には三角と四角を組み合わせた形の開口部が幾つか設けられています。それは可愛らしい印象を与えると同時に、家全体に光をもたらすことになります。そして家全体を明るくしてくれるのです。本住宅では敷地の形によって起きる問題を解決して、そして同時に個性的な空間を生み出しています。このような家では、住まいの空間に飽きることなく、心地良く暮らせることができるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!