岸和田の家 外観: 神谷徹建築設計事務所が手掛けた家です。

中庭が家族をつなぐ2世帯住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

2世帯住宅を建てる時、お互いの家族の距離の取り方で、悩むことが多いのではないのでしょうか。住空間の多くを共有すれば、家がいつも賑やかで、困ったときはいつでも助け合えるなど、とても安心。その一方で、お互いの距離が近くなり過ぎて、毎日が窮屈になってしまうこともあるでしょう。今回ご紹介するのは、大阪を拠点に活動する神谷徹建築設計事務所が手掛けた、中庭が家族をつなぐ2世帯住宅です。お互いの家族のプライバシーを守りつつ、ちょうどいい距離感で気持ち良く生活できるこの2世帯住宅。一体どういう家なのでしょうか?さっそく見て行きましょう!

木格子がアクセント

住まいのロケーションは大阪で、3階建ての2世帯住宅です。こちらは、道路側からみた住まいの外観。建物のボリュームで周囲が圧迫感を感じないように、道路面からは5mほどの距離を取って建てられ、3階部分は道路からは見えない位置に配置されています。それによって出来た空間のゆとりが、美しい住まいのフォルムを際立たせていますね。白と黒のコントラストに木格子がアクセントとなっているモダンなデザイン。暗い時間帯は、木格子の隙間から住まいの優しい光がもれてきて、幻想的な雰囲気になります。

木格子によってプライバシーも確保

玄関は2世帯共通、その他は水回りを含め1階と2、3階で、世帯の住居空間は分けられています。木格子の内側には中庭が設けられており、それが各世帯間を立体的につなぐ空間として存在しています。木格子は、デザイン的な効果だけでなく、光と風を住まいに届け、さらに外部からプライバシーを守るという重要な役割も果たしています。

中庭の空気を感じられるリビング

岸和田の家 リビング: 神谷徹建築設計事務所が手掛けたリビングです。
神谷徹建築設計事務所

岸和田の家 リビング

神谷徹建築設計事務所

建物の傾斜屋根の空間部分に配置された、2階のリビング・ダイニング・キッチンです。木のぬくもりを感じような、くつろげる空間に仕上がっています。中庭に面する壁を全面ガラスとしたことで、リビングスペースからも、中庭の風景や光を十分に感じることが出来るようになっています。

世帯を縦につなぐ中庭

屋上テラスから中庭を見下ろした様子です。1階と2階で、各世帯が空間的に中庭を共有しているのがよく分かります。この中庭は、光や風を感じるだけでなく、このように2家族をつなぐ大事な空間。住居スペースが分かれていても、中庭を通して、毎日ごく自然な形で、お互いの家族の気配を、十分感じることが出来るのです。中庭中央に植えられたシンボルツリーが、2世帯の暮らしを静かに見守っているかのようにも見えますね。

中庭を眺めながらリラックス

岸和田の家 リビング: 神谷徹建築設計事務所が手掛けたリビングです。
神谷徹建築設計事務所

岸和田の家 リビング

神谷徹建築設計事務所

1階のリビングの様子です。中庭に面して大きく開口が取られ、光や風を毎日十分に感じることが出来ます。広々としたフローリングが気持ち良く、中庭を眺めながらゆったりと時間を過ごせそうです。奥には和室スペースもあり、茶の間や客間として、色々なシーンで活躍することでしょう。

離れのような和室

3階の和室の様子。1、2階にある他の生活空間とは少し区別し、離れの様な位置づけとして設けられました。天井をあまり高くはせず、窓の位置には変化をつけて採光をあえて抑えています。これによって和室全体が、静かで趣のある空間に仕上がっています。日常生活とは違う、ここで過ごす特別な時間を演出します。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 中庭のある家に住む5つのメリット  

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント!   

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

中庭が家族をつなぐ2世帯住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!