360°緑の展望!定年後の田舎住まい

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

定年後の住まいを考えたことはありますか?今までできなかった事をささやかに叶えられる家を計画するにはどんな住まいの例があるのでしょう。今回ご紹介するのは、都市生活者が定年後の住まいを田園風景広がる緑豊かな場所に築いた一例です。360°の田園が広がる敷地、定年後の住まいを構えたらどんな空間が計画できるのでしょうか。池田雪絵建築設計事務所が手掛けたこちらの住まいは斜面段々畑の上にある360°の景観を楽しめる最高のロケーション。緑豊かな自然と眺望を存分に味わいながら住まう心地の良い住空間です。

緑の中の外観

段々畑の上部に位置する自然豊かな敷地に建つ本住宅。石垣や小坂を抜けてたどり着く敷地は、都市に住んでいた頃のような忙しさをわすれてしまう程、喉かな環境です。シンプルでちょっと個性的な外観を持った本住宅ですが、周辺環境にしっくりと馴染むような優しい雰囲気を持った住宅です。

眺めを楽しむ

外観は柔らかさを感じさせる丸角を持った個性的な家。二階のデッキは360°の景色が楽しめる爽快なスペースに。まるで船のデッキに立っているような気分が味わえそうですよね。家を包み込むようなたっぷりとした庇は照りつける夏の暑い日差しもしっかりガード。太陽光パネルを用いたという屋根部分、外観の雰囲気を壊すことなく自給度の高い生活へ。

広くシンプルに

一階部分の室内はほぼワンルームのように一体化下した空間に。木目の心地よさと天井現わしで包む空間は自然になじむようなシンプルさを感じることができます。そんな空間に大きなインパクトになっているキッチンダイニングの黒と白で創る間仕切りや天井は室内の中に室があるような、一体化した空間にメリハリが生まれます。ナチュラルな空間にモダンなオブジェクトを置いたようなデザインです。

静かなワークスペース

緩やかなカーブのコーナーにはカウンター式のデスク。大きめの開口を目の前に座れば、緑豊かな景色を臨むことができます。自然光の光だけで過ごすワークスペースは自然の時間の流れを感じる静かな居場所になるのかもしれません。手の届く範囲に配置されたたっぷりの収納は家族のものがきちっと整理してみんなが使えるデスクに。

ちょっぴり変わった開口と 

白でまとめられた浴室。シンプルなお風呂空間ですが、少し高めの開口は目線を高めに誘導でしょうか、目を上げれば天井には屋根裏の望める開口になっています。開口からの反射光で照らされる天井裏や浴室空間は一見窮屈感を感じるかもしれません。しかし、浴槽にゆったりと浸かれば天井裏まで見通す開放感と面白みのある空間を味わうことができそうです。

田園風景を味わう最高の住まいはいかがでしたか?気が付いた事があればコメントをどうぞ!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!