Olivenholz erlebenが手掛けた

自分史上最高のトイレを作る!

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

リビングやベッドルームの装飾にはこだわっているのにトイレはほったらかし、という方も多いかもしれません。ある意味”究極の部屋”とも言えるこの空間。何をどうしていいか分からない、という場合もあることでしょう。しかし幾つかのポイントに気をつけるだけで、あなた史上最高のトイレへと作り替えることができますよ!さっそく今日から実行して、ホテルのような清潔感と居心地の良さに溢れた空間へ近づけましょう。

色調の統一

トイレを洗練された雰囲気に変えるにはまず色調に配慮します。簡単に行えるのがタオルや足元のバスマットなどのテキスタイルの色を統一することです。床や壁の色を変えるのは難しくても、タオルくらいなら今すぐ変更できますね。写真は木材とラスティックな壁が印象的な空間。それに合わせてテキスタイルも中間色で統一されています。逆に真っ白な空間の場合はテキスタイルを黒やネイビーで統一し、ハイコントラストでスタイリッシュなインテリアにしても良いでしょう。

香りを楽しむ

Olivenholz erlebenが手掛けた洗面所&風呂&トイレ
Olivenholz erleben

Seifenschale aus Schiefer mit Inlay aus Olivenholz

Olivenholz erleben

臭いが気になるトイレは常に換気するのはもちろん消臭剤を使用している方も多いと思いますが、消臭剤は無臭タイプがおすすめです。香り付きの消臭剤や芳香剤は以前と比べて良い香りに改良されてきていますが、それらはやはり”トイレ”をイメージさせる香り。それよりは消臭に機能を絞った無臭の消臭剤を使用して、香りは木のスティックを差して使うアロマフレグランスや、アロマを含んだ石けんを使用するのがおすすめです。特に石けんは必ず必要となるものですし、手を洗う度に良い香りが広がっていい気分になれますよ。

壁の装飾

Deecoが手掛けた浴室

狭いトイレでも壁は必ずありますよね。その壁を装飾に生かします。お気に入りの映画のポスターやアーティーなモノクロ写真をフレームに入れて飾れば、ギャラリーのようなおしゃれな雰囲気を作ることができます。写真フレームの色や太さを統一するとより洗練された雰囲気になります。参考にしたいのはこちらのようなディスプレイ。ポーランドのDeecoによるデザインです。

雰囲気作り

Liliana Zenaro Interioresが手掛けた浴室
Liliana Zenaro Interiores

Apartamento na Pompeia, São Paulo

Liliana Zenaro Interiores

照明効果をうまく利用して居心地の良い雰囲気を作りましょう。こちらは大きな鏡を利用して光源を見せないバランス照明を設置し、ホテルのような洗練された雰囲気に。また飾り棚にも照明を設置することで空間の焦点となっています。トイレでも間接照明を複数使いすることで柔らかい表情が生まれ、スタイルを感じさせるおしゃれな空間に演出できます。

収納

トイレットペーパーや掃除用品、タオルなどを収納するスペースにも配慮します。十分な壁面収納があれば良いのですが、そうでないのならこうして自然素材のバスケットを利用すると中身を隠すことができる上、整理整頓された清潔感も生まれます。さらにバスケットは装飾性も高く、北欧スタイルやカントリー、ラスティック、モダンなどスタイルを問わず合わせることができるので便利です。

メンテナンス

清潔さを維持するための定期的な掃除はもちろん、トイレットペーパーや除菌シートなど消耗品の補充にも気を付けましょう。いざという時に切らしていると自分もゲストも大変なことになります。トイレットペーパーを買いだめしておいても収納するスペースがなく他の部屋の収納に入れているという場合も、トイレ内に常に2〜3個キープしておくと安心です。

洗練されたトイレを作る方法、いかがでしたか?感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!