見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

今週のベスト5アイデアブック (12月19日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい!

1位、小さな家の大きなサプライズ!

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅
FingerHaus GmbH

VIO 302 – Eingangsbereich

FingerHaus GmbH

建築やインテリアデザインのトレンドを常に追うのは大変な作業ですが、毎日の生活において最も重要なのは、特定のニーズに応じて設計・構築することです。それに性急な決定を下すべきではありません。ホームシアターシステムを夢見つつ、しかし現実に必要なのは仕事をする静かな場所である、というニーズの認識違いも起こり得るからです。FingerHausGmbHが手掛けた住宅はクライアントのニーズを的確に捉え、しかもコンパクトなサイズで構築した家。さっそく見ていきましょう!

2位、広々とした中庭を持つ平屋建ての家

平屋建ての家に中庭を持つ・・・そんな贅沢な空間の使い方にあこがれたことのある人も少なくなはず。今回ご紹介するのは、120坪弱の敷地に建てられた木造平屋建ての住宅。空間建築-傳 一級建築士事務所が手掛けたこちらのお家は、広々とした中庭と、シンプルでモダンなデザインが特徴的です。中庭を中心に配置された各スペースには十分な光が届き、明るく開放感のある空間となっています。それでは詳しく見ていきましょう。

3位、エレガントで温かな木造住宅

ALEXANDER ZHIDKOV ARCHITECTが手掛けた家
ALEXANDER ZHIDKOV ARCHITECT

ДОМ В ПОСЕЛКЕ ПОЛИВАНОВО

ALEXANDER ZHIDKOV ARCHITECT

温かい木材の印象を生かしたミニマルスタイルの住宅を紹介します。森に囲まれた敷地に建てられた2階建てのこちらの住宅、手掛けたのはウクライナの建築事務所Aleksandr ZhydkovArchitectです。モダンなデザインでも自然豊かな周辺環境と最大限に調和し、違和感を感じさせない穏やかな佇まいとなっています。 自然に馴染み、なおエレガントな住宅。さっそく見ていきましょう!

写真:Eugene Kulibaba

4位、広い玄関のもたらすメリット

土間リビングの家: FCDが手掛けた廊下 & 玄関です。
FCD

土間リビングの家

FCD
FCD
FCD

玄関とは家の出入り口であり、靴を脱ぐ文化圏においては靴脱ぎ場という役割をもっています。しかし住む人にとって玄関は仕事や学校という全ての「毎日」と「暮らし」の切り替え地点であり、来客にとっては始めに室内に迎え入れたその家の「第一印象」を測る大変重要なその家の顔なのです。そこで今回は玄関を広く取った間取りで色々な魅力や機能を生み出している、そんな暮らしのスタイルをご紹介します。

5位、木が香る、緑豊かな庭を持つ和風モダンの家

約40年前に開発された住宅街に立つ住居を建替えて作られたのが今回ご紹介するこちらの住宅。この建替え案件でバウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所が提案したのが、庭部分にこの場所にかつてあったかのような小さな森を造り、それにそっと寄り添う建築を計画すること。建替えの際はすべてをまっさらにして新しいものを一から建てるわけですが、そこにあえて原風景のような小さな「森」を挿入することで、まるで昔からそこにあったかのような、どこか懐かしく、そして風景になじむ住まいが実現しました。では詳しく見て行くことにしましょう。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!