川沿いの小さな敷地。広がりを感じる空間へ

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

都心ではなかなか広々とした敷地に住むことは難しいものですよね。都心で住まうにはどんな工夫が考えられるのでしょう。都心の小さな敷地でも快適な住空間を築くことは可能です。都心の川沿い、小さな敷地に建つ住まいの一例をご紹介しましょう。(株)プライム一級建築士事務所が手掛けた住まいは川沿いのゆったりとした雰囲気を感じられる開放的な住空間。上下の空間を利用した空間、気持ちのいい陽差しと広がりを感じることができます。

モダンなコンクリートの外観

両端を近隣に挟まれた川沿いの小さな敷地。外観はコンクリートの外壁が覆うモダンな印象に。一階は視界が通り抜けるガレージとなっています。都心の中に建つ建物、プライバシー・セキュリティ性のある安心のデザイン。ガレージの先に見える陽の移ろい、モダンな外観の中に自然の流れを感じることができます。

大きな開口と開放感

川沿いに向かって大きく開く大きな開口のある気持ちのいいリビング。向かいの建物の影が届かない川を挟んで立つ本住宅、たっぷりと陽の光を呼び込むことが可能です。ダイナミックな開口が設けることが可能なコンクリート構造によって空間に開放感を与えてくれます。緩やかに流れる川のせせらぎと都会の賑わいのコントラストを感じる空間に。

広がりを感じる空間

高い天井が大空間を感じさせる開放的なダイニングスペース。コンクリートで作られた無機質な空間に木材の造作家具が柔らかな雰囲気を与えてくれる空間です。露出したダクトパイプがちょっとしたアクセントに。空間の奥まで届く日差しが住空間の至る所で感じることができそうです。吹き抜けの階段を下りてくると眺めのいい空間、川沿いを楽しむことができます。

心地のいい陽を住空間に

階段の脇に位置するキッチンスペース。ここにも届く陽射しは家事をしていても一日の流れを感じることができます。対面式のキッチンに立って家事をしながら、川沿いの景色や家族との会話が弾む楽しい空間。シンプルなキッチンですが白い天板に木質の棚や扉がナチュラルな雰囲気です。

夕景の外観

陽の落ちた頃、室内に灯る明かりがコンクリートの建物に温かな雰囲気を与えてくれます。大きなコンクリートのフレームに収まる木材の扉や戸棚がバランスよく調和しているかのよう。蒸し暑い都心の夏、窓を開ければ川のせせらぎと涼しさを感じることができるかもしれません。小さな敷地でありながらも、コンクリートの重厚感と木材の温かみ、大きな開口で作る開放感と広がりを感じる住空間はちょっぴり贅沢な空間です。

都心の川沿いの住まいはいかがでしたか?気が付いた事があればコメントをどうぞ!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!