箱森町の家: 石井秀樹建築設計事務所が手掛けた家です。

自然に親しむ。空の変化を感じる住空間

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

住環境へ取り込む「自然」は実に様々ですよね。自然や四季の移ろいを感じたりできる空間はとっても穏やかで心地のいいものです。新たな住まいでは、どんな自然のある空間で寛ぎたいですか?近隣住宅に囲まれてしまっては緑を取り込むのは難しそう。そこで今回ご紹介するのは、生活の一部に「空」のある住空間。石井秀樹建築設計事務所が手掛けたこちらの住まいは、「空」を常に生活の一部として感じられるような住空間の提案でした。雲や天気で変化に富む空から感じる自然を身近に感じながら過ごせる和やかな住まいが誕生しました。

ちょっと変わった外観に

場所は栃木県の平地に広がる新興住宅街。お馴染みの住宅が並ぶごくごく普通の環境に建つ本住宅は真っ黒な外壁が印象的なシンプルなのに個性を感じる佇まいです。外形は一般的な切妻屋根の家。切妻の家のシルエットを模ったシャドーのような外観です。無駄をそぎ落とした見た目と洗練されたような雰囲気は小さなギャラリーのよう。個性的でありながら近隣にも馴染むオシャレなデザインですね。

大きく開く事

それは空に向かって開く中庭の屋根にも。住空間の中で大きく開くのは窓だけではありません。中庭の開きを屋根の流れに沿って開く事、常に視界に空が舞い込むように過ごすことが可能になります。南側の屋根を低く抑える事によって視界に入りやすい身近な「空」をつくります。北側に設けられたリビングに開く大開口、大きなガラスに写りこむ空が家族で楽しむ特別な空のよう。

空を身近に感じる

景色を切り取るというのは頻繁に窓などの開口に見られます。ここでは中庭の抜けの空を切り取る、そんなイメージに近いのかもしれません。ただの明かりとりではない中庭、景色として楽しむ空のある空間です。ウッドテラスに落ちる陽はたっぷり室内に注ぎながらも、日によって異なる空も楽しめる居心地のいい住空間。晴れた日にはデッキチェアに座って身近に、存分に味わうことが可能です。

開放的な住空間へ

夕景の中の住空間は間接照明とスポットライトで照らす優しい空間です。ダイニング・リビング空間からは中庭とプライベート空間が見渡せる広がりのある空間を感じることができます。視界の中に夕景の空が添えられることによって自然な移ろいと開放感をプラス。リビングで過ごす団欒、空を常に臨むことのできる空間は目の端で流れ星を見ることができるかもしれませんね。

夕景の中の外観

夕景の中の外観はシャドーのフォルムに外構の植栽が壁に写りこむ面白みのある見た目。馴染みある近隣の建物とは一味、二味も違う個性的でありながら調和のとれた外観。中庭の大きな開口から漏れる明かりがより個性となって灯ります。コントラストの効いたシンプルさは永く愛されるデザインかもしれません。最小限の外部に向かって開く開口ですが、玄関に灯る明かりは温かさを感じるものがあります。

空を常に感じる事の出来る住まいはいかがでしたか?気が付いた事があればコメントをどうぞ!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!