Monoclinic: アトリエ・天工人が手掛けた家です。

変形住居ベスト5

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

「家」という言葉を聞いてまず頭に思い浮かべるのは、大抵の人の場合、四角のボリュームに三角の屋根が乗った形や、四角形のものではないでしょうか。実際に建てられた家は四角形の家が多いですね。けれども、本当は住居の形の可能性は無限大です。
今回の記事でご紹介するのは、変形を生かしたお洒落な家。オリジナルな外見は見るからにユニークで、見るものをワクワクさせてくれるものばかり。それではさっそく写真で見ていきましょう!

「扇翁」

充総合計画が手がけたのはこちらのお住まい。敷地は変形狭小地、二方向を道路に挟まれ、その上高低差まであるという非常に厳しい条件です。しかも風致地区による法規制のため、建築可能面積は、実質12坪ほどしかありません。そんな条件のもと、提案されたのがこの扇型のお住まい。ウィークポイントをメリットに変え、オリジナリティ溢れる住居が生まれました。室内は、狭小地とは思えないほど豊かな生活空間が広がります。こちらは、「狭小地に建てられたユニークな形態の家」で詳細をご紹介しています。

「モノクリニック」

アトリエ・天工人が手掛けたのはこちらのプロジェクトは東京都世田谷区に建てられた、建築面積13坪の狭小住宅です。まず目を引くのが、モダンでインパクトのある外観。いくつもの四角形を組み合わせた、空に向かって開く窓が印象的です。上に向かって開かれているので、通りを行く人の目線からプライバシーが守られています。変形四角形の大きな開口部は、内側から見ても十分にインパクトのある空間で、どこか表現主義的なニュアンスを感じます。こちらは、「都市型狭小地、変形四角形が切取る「空」の家」で詳細をご紹介しています。

クレジット: photo by toshihiro sobajima

S Atelier

小平惠一建築研究所が手掛けたのは、写真家であるクライアントのためのアトリエで、自宅の敷地内に離れとして建てられました。さすがはアーティストのためのアトリエ、建物を大胆に切り取ったような三角形の開口が大胆で、思わず見つめてしまいそうです。南西角は道路の隅切りにより、45度カットされており、建物のフォルムをこの面に合わせる形にした結果、平行四辺形の建物が出来上がりました。見る位置により、印象がガラリと変わる外観も必見です。こちらは、「各方向で見え方が変わる!平行四辺形のお洒落なアトリエ」で詳しくご覧いただけます。

撮影:齋藤さだむ

ヌリノイエ

MATTCHが手掛けたのは、こちらのお住まい。ロケーションは、低層の住宅が連なる、開けた高台の角地です。流れるような曲線が美しい、ユニークな外観が特徴ですが、抑えた色使いで周囲の風景に馴染んでいます。こちらは滑らかなカーブが印象的なデッキテラス。カーブがちょうど終わるところに設けられた木の柵や、異素材が見せる緩やかなカーブ模様といったディテールが魅力的です。オープンプランの大きな空間も見所のこちらのお住まいは、「柔らかさのある特徴的な外形を持った家」で詳細をご紹介しています。

photo:Nacasa&Partners

小林邸

ATELIER NEROが手掛けたこちらのお住まいは、沖縄の古い集落に建てられました。「地面をめくり上げたような緑化した屋根」が印象的ですが、これは夏は涼しく冬は暖かいという快適な室内空間をも提供してくれます。玄関アプローチは、全面ガラスとサッシで構成されており、モダンなイメージ。反対側は、緩やかなカーブの半円が特徴の造りで、まるで洞窟の入り口であるかのような、少しミステリアスな雰囲気です。こちらの室内の写真では、天井の滑らかなカーブがオリジナルですね。こちらは、「沖縄の風景にとけ込む”外に開いた”家」で詳しくご紹介しています。角度によって、全く違う外観もユニークで、必見ですよ!

変形住居、いかがでしたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!