鮎立の家: 浦瀬建築設計事務所が手掛けた家です。

薪ストーブとテラスのある山間の平屋建ての家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

のどかな山並みを背景に建てられたこの平屋建ての住宅は、浦瀬建築設計事務所が手がけたもので水平線のように一直線に伸びた形態が印象的です。恵まれた自然環境を取り入れたゆったりとした住まい、LDKを中心に見ていきましょう。

かなりの長さのあるこの平屋建ての住まいは岐阜県の山間に計画されました。緑の山並みを背景に、前面には田んぼの広がる恵まれた環境にあります。田んぼとの境に設けられた石積みの擁壁の上に乗っかったようにも見える建物で、潔いほどの水平に伸びる形態は控えめな色合いやデザインによって周辺に馴染みながらもそのスケール感はひと際目立っています。大きく開かれた開口によって周囲の風景を楽しめる開放的な住宅です。

趣きのある和モダンな佇まい

軒下の造りがかなり凝った外観が目を引きます。コンクリート製の犬走りのような縁側のような空間が建物の周囲をぐるりと張り巡らし、内外空間を緩やかに繋げる緩衝になっています。和を感じさせるグレーの塗り壁とナチュラルな風合いの軒天や窓枠によって趣きのある佇まいを見せています。

ナチュラルな雰囲気が広がるLDK

大きな開口を設けた室内はLDK。空間全体をウッドフロアと木張りの天井で構成したナチュラル感たっぷりの内部空間に切り取られた周囲の自然の風景がよく合っていますね。立ち壁で緩やかに仕切ったオープンキッチンとダイニングを一直線上に配置。ワークトップとダイニングテーブルはフラットに繋がっていますが、よく見るとキッチンは適切な高さを確保するために土間空間として一段下がった位置に配置されています。

半屋外空間と融合する住空間

ダイニングから見たところです。リビングとL字型に囲った部分は半屋外空間。緩やかなこう配を描く天井を共有しているので内外の一体感を最大限に感じられます。ハンモックを吊るしたリラックス感溢れる素敵なテラスです。程よく外部との関係性をもたらす天窓を取り入れたり、気持ち良い風が入り込み視線に抜け感をもたらす開口を設けることで、変化に富んだ空間構成を採用。

木張りの勾配天井がもたらす安心感のある空間

ナチュラルな色合いや素材で統一したモダンなテイストに加え、勾配天井がもたらす大らかで安心感のある空間が素敵ですよね。キッチンより続いて土間空間はリビングのほうまで伸び、この写真では見えないのですが薪ストーブも設置しています。山間の冬は厳しいので心地良い暖かさを提供してくれる薪ストーブは大活躍です。インテリアとしても格好いいので都市部のモダンな住宅にもぴったりです。是非検討してみてくださいね。「土間空間と曖昧な領域」でも薪ストーブを採用しているので、ご覧ください。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選  

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?  

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

とにかく水平に伸びる佇まいは圧倒的ですよね。皆さんはどんな風に感じましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!