DROP ON LEAF: 充総合計画 一級建築士事務所が手掛けた家です。

プライバシーの確保と開放感を両立!明るいコートハウス

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、緩やかな坂となっている敷地に建つコートハウス。採光やプライバシーの確保を考えた結果、建物は場所によって高さや形状に色々な変化のついた、コートハウス形式の住まいとなりました。東京を拠点に活動する充総合計画 一級建築士事務所によって手掛けられた「DROP ON LEAF」と名付けられたこの家、一体どんな住まいなのでしょうか?さっそく見て行きましょう!

緩やかな坂にある住まい

敷地は、緩やかな坂状になっており、周辺の環境は道路側を除いては、住宅が建っているという状況。道路側ファサードの様子は、このようにシンプルでモダンなデザインをしていますが、住まいの建物全体は日当たり等を考えて、レベル差や天井高、形状に様々なバリエーションをつけた、中庭を囲う形のコートハウスです。また住まいは、太陽光エネルギーを利用した全館空調設備を持っていて、この時代に合った環境に優しい住宅となっています。1階ガレージから玄関までは、雨にぬれずに建物内に入ることが可能です。

シックで落ち着いた中庭側の外観

中庭に面した側から住まいを見た様子。1階はリビング、バルコニーのある2階は子供部屋となっています。道路側ファサードの少しナチュラルな外観と比べ、中庭に面したこちら側は、黒で直線的なデザインに、サッシのシャープなラインがアクセントとなっている、シックで落ち着いた外観です。建物は、中庭をコの字で囲う様なレイアウトをしているので、プライバシーを確保しながら、開放感も同時に味わうことが出来ます。

広々とした明るいリビング

こちらは、1階リビングの様子。中庭に向かって開口を大きく取り、中庭とその向こうにある離れの建物まで目の届く、視覚的にも奥行のある作りとなっています。これなら、離れに家族の誰かがいても、こちらから様子をうかがうことは、そう難しくはありませんね。テレビ台または飾り棚を備えた間仕切りの向こう側には、ダイニングキッチンがあります。天井の2本組の梁の間には、照明が組み込まれているのもポイント。また、左側には、客間としても使える和室が見えます。

離れの平屋と広い中庭

こちらは先ほどとは逆に、1階リビング側から中庭を通して離れを見た様子。リビング側の建物が2階建てであるのに対し、反対側にある離れは、平屋でコンパクトな作りに。そのために、中庭は建物に囲まれた閉鎖的な雰囲気はなく、日当たりも抜群。リビング側からの見晴らしも確保できます。天気のいい日、広々としたこの中庭での日向ぼっこは、とても気持ちがいいことでしょう。コートハウスに住む人ならではの特権ですね。

離れの音響室

離れとして存在する音響室兼書斎の室内。壁一面には、造り付けの棚を設置し、本やDVD、趣味で集めたもの等を思う存分収納できます。また、テレビ・オーディオ用ボード、窓際には机も造り付けで備え付けられています。この離れは、誰にも邪魔されずに、仕事や趣味に没頭できる環境が整っているので、時間を忘れてついつい長居をしてしまいそうですね。

2部屋にすることも可能な子供部屋

バルコニーもついた2階の子供部屋の様子です。大きい開口のおかげで、明るさも風通しも良く、ここで子供たちも快適に時間を過ごせそうです。子供の成長や家族の変化に合わせて、将来的にこの広々とした部屋を仕切って2つに分けることも可能。用途によってフレキシブルな対応が出来るようになっています。

プライバシーの確保と開放感が両立したコートハウスについて、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!