システムバスできれいで快適なお風呂に!その特徴とメリットまとめ | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

システムバスできれいで快適なお風呂に!その特徴とメリットまとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
生活感の出ないシステムバスルーム「ORIZZONTE/オリゾンテ」誕生: 株式会社 和光製作所が手掛けたです。
Loading admin actions …

システムバスの浴室にしようと考えている方も多いと思いますが、どのような特徴があり、どのように選んでいけばいいのかわからないこともあると思います。さらに、年々新しいデザインや機能も出てきているので迷われることもあるでしょう。そこで今回は、システムバスの特徴やメリットについてまとめて紹介していきたいと思います。まず、基本的な知識を深めて、浴室づくりに備えていきましょう!

システムバスとは

生活感を出さないシステムバスルーム「ORIZZONTE/オリゾンテ」 OZ1216OW: 株式会社 和光製作所が手掛けた洗面所&風呂&トイレです。
株式会社 和光製作所

生活感を出さないシステムバスルーム「ORIZZONTE/オリゾンテ」 OZ1216OW

株式会社 和光製作所

システムバスとは、浴室の壁・床・天井などの部材を工場であらかじめ生産し、それらを現場で組み立てる方法でなる浴室のことになります。ユニットバスとも言われますが、それまで一般的であった在来工法の浴室と比べて様々な面で優れた特徴を持っています。こちらの株式会社 和光製作所のシステムバスのように、年々そのデザイン性や機能性が高まっていて、おしゃれで快適な浴室となってくれます。次からは、そのメリットについて見ていきましょう。

メリット1:水漏れの心配がない

システムバスの最大のメリットとも言えるのが、水漏れの心配がほとんどない浴室となることです。それまで一般的であった在来工法の浴室では、年を重ねるごとにタイルの目地やドアの周りが劣化し、隙間が開いてしまうことにより漏水してしまうことが珍しくありませんでした。それにより、建物の躯体を痛めてしまったり、マンションであれば下の階へ水漏れを起こしてしまうことにつながります。そうした水漏れの心配を解消したのが、部材が一体成型されるなど、何重にも漏水対策が考えられているユニットバスとなります。

メリット2:暖かいお風呂

快適な浴室にしていくには、暖かい浴室にすることも1つの重要なポイントとなりますが、そうした点でもシステムバスは有利となります。在来工法の浴室の場合、構造的にも建物の躯体と一体でつくられ、またタイルは冷めにくく温まりにくいため、特に冬場は外気の寒さが直接浴室にも伝わりやすく決して暖かい浴室とは言えません。それに対して、システムバスの場合、建物の躯体とは別でつくられ、また使われる素材も冷めやすく温まりやすいため、比較的暖かい浴室にしやすいつくりとなります。

メリット3:短い工期

生活感を出さないシステムバスルーム「ORIZZONTE/オリゾンテ」 OZ1616PW: 株式会社 和光製作所が手掛けた洗面所&風呂&トイレです。
株式会社 和光製作所

生活感を出さないシステムバスルーム「ORIZZONTE/オリゾンテ」 OZ1616PW

株式会社 和光製作所

工期が短いこともシステムバスの大きなメリットとなります。従来の在来工法の浴室では、タイルやモルタルを使ったいわゆる湿式工法であるため、どうしても塗った後に乾かす時間とさらには色々な職人も必要となりました。それに対して、ユニットバスは工場生産などにより工期を大幅に短縮できるようになりました。こうした短い工期は、コストを抑えられることにもつながりますし、さらにはリフォームなどで浴室が使えない日数も少なくしてくれます。

メリット4:掃除のしやすいシステムバス

オーダーデザインユニットバス 東京バススタイル: 株式会社東京バススタイルが手掛けたです。
株式会社東京バススタイル

オーダーデザインユニットバス 東京バススタイル

株式会社東京バススタイル

壁や床材が一体で成型されるシステムバスは、掃除がしやすくなる点もメリットとなります。タイルを使う在来工法の浴室は、タイルのデザインを選べて好みのスタイルのおしゃれな浴室とすることもできますが、やはりタイルの目地などの掃除がどうしても面倒で大変になるでしょう。システムバスも掃除をする必要がなくなるわけではありませんが、在来工法の浴室と比べると非常に掃除が楽になるでしょう。

メリット5:浴槽をまたぎやすいかたちにも

高齢になると、浴槽をまたぐことが大変になり、転倒の危険も高まってきてしまいますが、そうした浴槽をまたぐ動作がより楽になるようなかたちでデザインされているユニットバスも増えています。そうした住まいのバリアフリーについては、「バリアフリーでより住みやすい家に!部屋別にそのポイントをご紹介!」も参考にしてみて下さい。さらには、床が水で濡れていても滑りにくいようになっているものなど、様々な機能性が付加されているシステムバスもありますので、これらの特徴を把握してそれぞれの家庭に合った機能的なものを選んでみて下さい!

ユニットバスで是非便利で快適な浴室にしてみて下さい!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!