ドレミの家: 株式会社 井川建築設計事務所が手掛けたリビングです。

スキップフロアの家5選!ダイナミックで開放的に広がる空間

Y.F Y.F
Loading admin actions …

フロアレベルを半階ずつずらし高低差をつけながら構成されるスキップフロア構造。全体が広く開放的に感じることができ、空間を仕切る壁は少ないながらも空間ごとの段差により、しっかりとゾーニングされるのが特徴です。また家族の存在を感じやすいのも温かみがあって良いですね。今回はスキップフロアで開放的な空間が実現した住宅を5軒ご紹介いたします。

スキップフロアと中庭が作り出す心地よい空間

小野里信建築アトリエが手がけたのはコンパクトな敷地に建てられた中庭付きのスキップフロア住宅です。家の内部は床の高低差によりそれぞれの空間がしっかりとゾーニングされ、間仕切りが少ない分より開放感が感じられます。またダイニングキッチンとリビングの間には中庭が設置されていることで程よい一体感が生まれ全体的にまとまりのある空間が実現しています。こちらの住宅は「スキップフロアが実現させたカフェのような白い家」で詳しく紹介されています。

リビングを中心に空間が広がるスキップフロアの家

井川建築設計事務所が手がけたのは、敷地の段差を活かして建てられたスキップフロアの住宅です。庭を囲むように設計されており、庭に面したリビングは吹き抜け構造で大開口から光と風を取り込める気持ちの良い空間が広がっています。リビングからはダイニングキッチンや二階へつながる階段があり、開放感のあるリビングを中心に空間が広がっているような印象です。こちらの住宅は「ドレミの家」で詳しく紹介されています。

吹き抜けと大開口で広々した空間のスキップフロアの家

株式会社プラスディー設計室が手がけたのは、5つのレベル差をもつスキップフロア構造の住宅です。一階はリビングとキッチンを装飾窓で程よく仕切られており、庭に面した大開口と吹き抜けにより広々とした空間が広がっています。また、リビングから一段下がったところに落ち着きのある和室が設置されています。こちらの住宅は「吹抜けとスキップフロアで快適住空間」で詳しく紹介されています。

家族の気配を感じられる螺旋状のスキップフロアの家

KEITARO MUTO ARCHITECTSが手がけたのは、螺旋状のスキップフロア構造で建てられた3階建ての住宅です。内部は部屋数の多さと、家族の気配を感じたいという要望から田の字型に壁を立て変則的な形でプランニングされています。3階建てだと暗くなりがちな玄関もリビングの開口から光が降り注ぐため明るい玄関が実現しています。こちらの住宅は「ユニークな外観のスキップフロアで繋がる家」で詳しく紹介されています。

外観と内部にギャップのある大空間が広がる家

こちら伊東建築計画室が手がけたのは、敷地の高低差を利用にして建てられた大開口が魅力的なスキップフロアの住宅です。道路に面した側のファサードは開口が少なく閉鎖的な印象なのですが、内部は驚くほど開放的な吹き抜けの大空間が広がっています。リビングとテラスは大開口でつながっており、まるで一つの空間のような一体感です。こちらの住宅は「スキップフロアが魅せるダイナミックな空間の家」で詳しく紹介されています。

スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

スキップフロア構造は空間に広がりが生まれるのが魅力的ですね。ぜひコメントをお寄せください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!