キッチンを素早く奇麗にするには?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

日々使うキッチンはすっきりとしていた方が気持ちがいいですし、料理も楽しくできそうですよね。でも家事や仕事で忙しいと片付けが後回しになり、気づいたら洗い物の山… 。今回は、そんな空間で奇麗を保つアイデアを紹介します。料理が終わった後にパパッと片付けてしまえば、たまる事もありませんし、次の日に使う時だって気持ちいいですね。どのようにすれば時間をかけずに元の整った空間に戻せるのか、工夫を見ていきましょう!

普段から物を置かない

パッと見た時に奇麗な空間だと、なるべくそれを維持したいって思いますよね。こちらは株式会社山崎屋木工製作所 Curationer事業部によって手掛けられたもの。物は収納スペースに全て収まってすっきりとした印象です。物が多いとしても、上や台の下に手を伸ばせばすぐにしまえてしまうので、手際良く整理もできそうですね。キッチンを離れる時は、物は全てしまい、元通りにする。この繰り返しですっきりをキープできそうです。

しまう場所がすぐ分かる

The Plate Rackが手掛けたキッチン
The Plate Rack

Mighty Plate rack

The Plate Rack

家事などで忙しくしていると、料理に費やす時間も限られてきます。お皿を片付けなきゃいけないけど、あれもしなきゃこれもしなきゃと片付けが後回しになる事も。こちらのように食器をどこにしまえば良いかすぐに分かる棚だったらどうしょう?大きさの違うお皿からコップや布巾まで、色んな形でも収まるようにつくられています。どこにしまうか悩む時間が省ければ片付けも後回しにせず、奇麗をキープできそうですね!

使ったらしまう”を自然に

こちらの空間はブラジルから。このように調味料などが奇麗に並べてあったら欲しい物がすぐ見つかりますし、使った後も自然とすぐ元の位置に戻せそうですね。キッチンがごちゃごちゃした感じに見えてしまう時は、たいてい使った物が出しっぱなしになっている時。”使ったらしまう” 単純な事ですが、手順が多い料理中では後回しになってしまうもの。しかしこうして目の前で整頓されていると、それを乱すまいという気持ちになれそうです。

ユニークな棚で楽しく

Kißkalt Designsが手掛けたキッチン
Kißkalt Designs

Flexi Tube Nature

Kißkalt Designs

壁に張り付いたまん丸の棚が印象的なこちらの空間はドイツから。カクカクとしたスタイルの中にユニークなデザインがあると、全体も柔らかい雰囲気に感じられます。果物や布巾、小物などなんでも置く事ができ、”片付けをしなきゃ”とネガティブな気持ちにはならず、アレンジ次第で空間を楽しくつくっていけそうです。さわやかでモダンなキッチンに仕上がりました。

料理中、すぐ後ろに食器棚 

​■ French Country Style・フレンチカントリースタイル: 株式会社アートカフェが手掛けたキッチンです。
株式会社アートカフェ

​■ French Country Style・フレンチカントリースタイル

株式会社アートカフェ

使い勝手が良いキッチンだと片付けもしやすそうですよね。こちらは流し台の後ろに食器棚があり、お皿を洗って拭いてパパッとしまう、という風にコンパクトに動けそうです。こちらは長野県を中心に活動する株式会社アートカフェが手掛けたもの。ダークブラウンでまとめアンティーク風の照明でオシャレな雰囲気に仕上がっています。

十分な収納スペースはある?

このように十分な収納スペースがあったら、出しっぱなしの鍋やナイフやフォークも一瞬で片付いて奇麗なキッチンに早変わり。こちらはアーキシップス古前 建築設計事務所によって手掛けられたものです。ホワイトと明るいブラウンでまとめ清潔感が感じられます。フライパンなどが入る大きめなスペースと小分けにされたスペースがあり、どこに収納しようか悩む事もありませんね!

キッチンを素早く奇麗にするアイデア、いかがでしたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!