暖かな住まい「大江の住処」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を建てるとなると何を考えるでしょうか。そこで考えられるのは「暖かさ」かもしれません。暖かな家であれば、冬であっても寒さに凍える必要はありません。そのため暖かさを生み出すために、太陽の光と上手く付き合う必要があるでしょう。今回紹介するのは、そんな太陽の光を取り込んだ家です。それは年間を通して太陽の光を調整して、常に心地良さを感じられるようになっています。

暖かな家

今回家の設計を依頼したクライアントは新しく家を建てることを考えていました。そこで求めていたのは冬に寒さを感じることなく夏には風が抜ける家です。そんなクライアントの要望に応えたのは岩瀬隆広建築設計。「大江の住処」は熊本市内の住宅密集地に建てられました。このような家は太陽の光を得るために建物の外観には細やかな工夫がされています。

シンプルな外観が生み出す採光

木造2階建ての建物の外観はいたってシンプルなもの。1階部分の南側は塀に覆われており、建物の様子を見ることができません。ですがその上の2階に見えるのは少し変わった形の窓。外壁が凹み奥まったところに大きな窓が取り付けられています。その横にあるのは傾斜の付けられた壁に囲われるようなに細長い窓。このような形の窓はただのデザインではありません。それは太陽の光を取り込むために重要な役割を果たします。

夏の日射しを遮り、冬の日射しを取り込む

窓の配置や傾斜の付けられた壁は、季節に応じた太陽の光の取り込みを考えて造られています。例えば冬であれば、空の低い位置にある太陽の光を多く取り入れることができます。冬は太陽の光が必要となりますが、暑い夏には家の中に射し込まないようにする必要があります。そこで考えられたのは夏の太陽や西日が入らないように計算されて窓の形。そのため家は年間を通して心地良く過ごせるように考えられているのです。

開放的な吹抜け

このような家ですが、大きな特徴となるのは外観だけに留まりません。中にも印象的な空間が広がっています。1階にあるのはリビングルームやキッチン、そしてダイニングなど。2階には子供たちの部屋となるプレイスペースが造られています。その一部は吹き抜けとなっており、開放的な空間を演出しています。また2階から注ぐ光を1階へともたらし、建物全体を明るくします。そしてより一層暖かさを感じることができるでしょう。

吹抜けが生み出す家族の繋がり

印象的な吹抜けが設けられていますが、それが果たすのはもう1つ重要な役割。それは家族の気配を感じさせることです。吹き抜けの横にあるプレイスペースには壁などなく空間を隔てるものはありません。そのため2階で子供たちが遊ぶ様子を1階のリビングルームから見ることができます。もちろん直接見えない場所にいても、物音などで気配を感じることができるでしょう。そのためここでは家族の繋がりを常に感じることができるのです。

家族が心地良く過ごせる家

本住宅は冬でも射し込む太陽の光で暖かさを感じることができます。ですが暖かさは室温だけで感じるわけではありません。家族の繋がりを感じさせる空間は暖かな雰囲気を醸し出します。このような暖かな家では、家族が一緒に心地良く過ごせることでしょう。

暖かな家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!