家族の幸福度を高める住宅「Quartz」

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

京都市に拠点を置くアーキシップス古前建築設計事務所はこう考えています「暮らしの質は、生活空間によって高めることができる。住む人の文化やライフスタイルを反映できれば家は家族の幸福の基準値を引き上げることができる」と。この考え方に共感される方も、いやそう言うなら実際に体感させて欲しい、と思う方もこちらの住宅をご覧になればきっとその言葉の意味が理解出来ることでしょう。アーキシップスが手掛けた「Quartz」という名の住宅、さっそくご紹介します。

外観

敷地は昔の面影を残す郊外にあります。折り重なるような印象的な屋根、吹き抜けの大きな窓からもれる光、小さな四角い窓からもれる光は対照的にお互いを引き立てています。アプローチは屋根付きで駐車スペースから玄関まで雨に濡れずに入ることができます。

アプローチ外観

伝統的な美しさを感じさせる列柱と格子によるアプローチ外観です。それ以外の装飾は省いて格子を主役にした潔い気持ちよさも感じますね。 しかし赤杉を使用した格子は微妙な色の変化が豊かな表情とリズムを生み出しており、十分に装飾的魅力を持っています。合わせたのはシックなタイル床。室内への期待感を誘いますね。

ポーチ

格子の門扉を入ると玄関前に小さな植生があります。ささやかで侘び寂びを感じさせる小さな空間は、訪れた人の心をいったんすっと落ち着かせ、一度深呼吸してから玄関をまたごうか、という気持ちにさせてくれるよう。小さなスペースながらこれが玄関前にあるのと無いのとでは大きな差が生まれます。

玄関ホール

写真左側が玄関入り口で、吹抜けの階段室を兼ねた開放的で心地良いスペースとなっています。玄関を上がると正面にあるのが格子の収納(写真右)で、外観アプローチとの連続性を感じさせます。この収納が仕切りの役割も兼ねており、右に進むとスタディコーナー、左に進むとダイニング・キッチン・水回りへと動線を導き、人の流れを自然に分けています。

リビングルーム

カリンのフローリングと家具のチェリーが落ち着いた調和を作り出しているリビングです。ラグを広げたような畳は寝転んだりコタツを置いたり、自由にほっこりゆったりできる居心地いいスペース。 しかも床下暖房なので冬も暖かい。 隣接するテラスでは夕涼みや星を楽しむことができます。

キッチン

クライアントが何度もショールームに足を運びこだわり抜いて完成させたというキッチン。ステンレストップがクールでスタイリッシュな印象ながら、モザイクタイルやチェリー材のダイニングテーブルなどが温かみと住み手の個性をプラスしています。

二階手洗い場

階段を上がったところに手洗い場があります。家族が多いと朝のバタバタしている時間に洗面所がふさがりがちですよね。そんな時にあると便利な機能です。吹抜けに設けられた窓は室内に光を届け、しかも昔ながらの田園風景を一望できるという贅沢さ。 朝日から夕焼け、星空や月の満ち欠けまで一日を通して楽しめる外部との接点です。

バスルーム

白でまとめられた清潔感のあるバスルームです。白一色でものっぺりとした印象にならないのは珪藻土の壁、タイルの床、人工大理石のカウンターといった天然素材を使用しているから。温かみと豊かな質感を持った空間です。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!