浜田山の家: 遠藤誠建築設計事務所(MAKOTO ENDO ARCHITECTS)が手掛けたリビングです。

住宅地に佇むモノトーン調のスタイリッシュな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、外観デザインもインテリアもスタイリッシュでお洒落な住宅です。モノトーンを基調とし洗練された印象の室内空間は、上品な大人の落ち着きが感じられ、自分の時間を大切にしながら自由に暮らしを楽しみたい人に最適です。このプロジェクトを手掛けたのは、東京を拠点に活動している遠藤誠建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

シンプルでモダンな外観

ロケーションは都内の閑静な住宅地。ビルトインガレージを備えたこの住まいは、直線的な建物のフォルムと真っ白な外壁が、シンプルかつとてもスタイリッシュな雰囲気の外観です。昼間は清々しいさわやかな印象ですが、夜は照明によって建物の輪郭が浮かび上がり、静かで美しい佇まいによって昼間とは少し違う住まいの表情を見せてくれます。

ギャラリーのような玄関ホール

こちらは玄関ホールの様子。上がり框を設けていない広い土間が特徴的なモダンな作りとなっています。階段の向こうには開口越しに中庭のシンボルツリーを眺めることが出来、抜けのあるゆったりとした空間で落ち着きが感じられます。壁をくぼませたニッチには、自分のお気に入りのコレクションを飾って楽しみ、玄関ホールをギャラリーのような空間に演出するのも素敵ですね。

洗練されたリビング

こちらはリビングの様子。白を基調としたシンプルでモダンなインテリアでまとめられており、洗練された雰囲気が漂っています。大きな開口を設けており、外の様子を眺めたい時はオープンに、日差しが気になる時はブラインドで調整し、自分好みの落ち着きのある空間に切り替えることが出来ます。間接照明を上手に利用して部屋の明るさや雰囲気をコントロールすることも可能です。

スタイリッシュなダイニングキッチン

リビングの横にはモノトーン調でスタイリッシュなデザインのダイニングキッチンがあります。大きな窓からは心地よい自然光が感じられ、のんびりと食事が楽しめそうな雰囲気。この家が住宅地の中にあることを忘れさせてくれます。作業台としても兼用できるダイ二ングテーブルは、機能的で無駄のないスペースの使い方がお洒落です。住まいに家具をあまり増やしたくない方には、参考になるアイデアかもしれません。

静かな中庭

こちらは中庭の様子。この住まいの各部屋は中庭に面するように窓を設けており、建物の内側に開いた作りとなっているのが特徴です。中庭は囲まれた空間となっているので外部からの視線を気にする必要がなく、静けさを感じながら安心して過ごせます。開口に使われた黒い窓枠が白くシンプルな壁にアクセントをプラスして、デザイン的にもクールな雰囲気ですね。

眺めの楽しめるバスルーム

こちらはスタイリッシュでモダンな雰囲気のバスルームの様子。中庭に面して大きな開口を設けており、中庭に植えられた木の眺めをこの浴室からも楽しむことが出来ます。また開口によって視覚的な奥行きが生まれ、屋外とのつながりも感じられる明るく開放的な空間となっています。バスタブに浸かりながら緑の眺めで心が癒され、毎日快適なバスタイムが過ごせそうですね。住宅地の中とは思えない静けさとくつろぎ感が漂っており、つい時間を忘れて長湯をしてしまいそうなバスルームです。

スタイリッシュでお洒落な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!