木材のファサードが印象的な住宅5選

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

木材を用いたファサードは天然素材だけが持つ豊かな風合いや色、そして環境や住み手に優しい機能性などが魅力的ですよね。そこで今回は木材のファサードが印象的な住宅を五軒紹介します。

北土井田の家

愛媛県を拠点に活動する高岡建築研究室によるこちらの北土井田の家は、木製の塀、そして住宅を覆うように設置された塀と同じ木材で作られたルーバーが印象的なファサードです。白い壁と対比を成す赤みの強い木材、そして規則的に並んだ大きな樹木がモダンでスタイリッシュ。木製のルーバーは温暖な四国地方の気候、時に強すぎる夏の日差しを適度に遮り快適な内部を保ちます。内部の明かりが隙間から漏れる夜間は印象がドラマティックに変化する魅力的な住宅です。

深い軒の家

こちらの雑木林に佇む豊かな風合いを醸し出している住宅は、鹿児島県を拠点に活動する志賀建築設計室によるもの。デザインはなんとデザイン工房を営むクライアント自身によるものだそう。「玄関を南入りにすること」「ウッドデッキから玄関に至ること」「深く軒を出してテラス部分に屋根をかけること」などの要望を元に設計されたこちらの住宅は一階が生活空間、二階が工房という構成になっています。工房は屋根勾配をそのまま杉板で仕上げているため、断熱材は屋根部分に施工されています。元々雑木林だったところを宅地造成したという敷地にも馴染んだ、自然の強さや豊かな趣きを感じさせるファサードとなっています。

Books and Gardens

こちらはアーキシップス古前建築設計事務所が手掛けた、古家付きの土地を購入し建物を解体、新しい家を建てるというプロジェクトです。伝統ある街並への敬意を保ちながら新しい住まい手の個性がにじみ出るデザインを心がけた、というこちらの住宅は縦格子と玉砂利の前庭、そしてガレージが一体となった、伝統的美しさを持ちつつモダンさも感じさせるファサードとなっています。格子は日本家屋の優れた特徴のひとつで、空気や光を通しつつ視線を適度に遮る機能的な仕切りです。道行く人もはっとするような和の美しさを感じさせる住宅です。

羽根の家

名古屋市を拠点に活動する笹野空間設計によるこちらの住宅。天然木が積極的に使用されたファサードは暖かみと深みのある表情で、ログハウスのような力強さと森の中にいるような雰囲気を醸し出しています。そして規則的に取られた大きな開口部が家全体をすっきりと見せ、モダンさもプラス。独立したガレージの外壁にも木材を使用することで統一感を出しています。庭の植生が豊かに生え揃った頃、この住宅はさらに自然の心地良さと豊かさを感じられるものとなるでしょう。

大浜の家

こちらの住宅は建物の周りをぐるりと木製ルーバーに囲まれたユニークで個性的なファサードを持っています。手掛けたのは名古屋市を拠点に活動する矢田義典建築設計事務所。これはこの住宅が建つ敷地が交通量の多い幹線道路に面しているため。このルーバーを設置したことで光や風を通しつつ、プライバシー確保に成功しています。そして建物とルーバーの間には回廊も設置され、プライベートに楽しむことができる縁側として家族の憩いの場となっています。都会に住む便利さとプライバシーの確保、プライバシーの確保と開放性… といった時に相反する条件を解決し大きく包み込んだような住宅です。

木製のファサードが印象的な家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!