Lik house: 株式会社廣田悟建築設計事務所が手掛けたガレージです。

折れ曲がることで緩やかに仕切る「Lik house」

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

今回紹介するのは廣田悟建築設計事務所が手掛けたLik houseです。敷地は商業地域から一歩住宅地に入ったところに位置しており、周囲には低層の戸建住宅の他に中層の集合住宅も散在しているため、クライアントは「プライバシーを守りながらリラックスできるリゾート感のある住宅」を望みました。敷地は比較的余裕がありましたが、周辺住宅とのバランスを考えると大きなボリュームのものではなく、陸屋根、片流れ、切り妻といった小さな3つの平屋を敷地境界に沿って配置することに。そうすることで敷地の残り部分が性格の違う外部空間となり、外部と内部両方に豊かさをもたらしています。そして、こちらの住宅の大きな特徴は間口3m程度の長細い一室空間であること、そしてそれが折れ曲がりながら50mほど連続しているということ。どんな住宅なのでしょうか、さっそく見て行きましょう。

チューブのようなモノコック構造

こちらが外観。少しずつ形状の異なる平屋が連続していることが分かります。それぞれのボリュームは建物の存在感が過剰になり過ぎないよう、また内部と外部の境界が曖昧に連続するように壁厚150mm厚の比較的薄いコンクリートによるモノコック構造となっています。モノコック構造とは車体や機体に用いられる工法で、骨組みの代わりに外板に強度剛性を持たせる設計のこと。その利点は柱や壁に頼らないため内部空間を広く取れることです。このトンネルのような、あるいは長いテントのような空間の中にキッチン・ワインセラー・トイレ・クロゼットといった機能が小さなユニットとして点在しています。

リビングルーム

内部は壁の白、コンクリートのグレー、家具の黒というようにグレースケールでまとめられたモダンで落ち着きのある空間。低い位置に取られた開口部から覗く中庭の植生や、壁にかけられたアートが鮮やかな色を足しています。中央に見えるコンクリートの箱はワインセラーで、リビング側には壁掛けテレビを設置しています。写真でも分かるように空間は壁やスキップフロアといった段差でもなく、折れ曲がることで緩やかに仕切られています。

劇的な照明効果

その先にあるのがキッチン&ダイニングエリアです。ダイニングテーブルはワインセラーと一体化しています。傾斜のある屋根に劇的な照明効果で空間をダイナミックに華やかに演出しています。シンプルな白い天井&壁、そしてモノトーンの家具で構成された部屋は、下手をすると地味で詰まらない空間になってしまう危険も孕んでいますが、このように照明の力を効果的に利用することで印象を操作することができるのです。

バスルーム

こちらはコンクリートと石材の質感が魅力的なバスルームです。ガラスの壁、そして天窓が設けられていることで開放的で光に溢れた空間となっています。隣接するのは寝室。

中庭を挟んだ設計

こちらはバスルームからリビング方面を眺めたところです。間口3mの長細い室内では圧迫感があるのでは… と思いがちですが、中庭に向かって開けた設計にすることでこのスケール、この開放感を得ました。

和室

こちらは小屋裏に取られた和室スペースです。中央に設置された黒い箱はなんと仏壇。三角形の空間は究極ミニマルで厳かさも感じさせますが、仏壇に向かって手を合わせているうち自分自身と深く向き合い、自然と心の平穏を取り戻せそうな和室です。

FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!