キッチン2: H建築スタジオが手掛けたキッチンです。

南側に建物があっても平気!家族の願いを叶える家

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

家を建てる時、もし南側に隣の家があったらどうでしょうか?例えば、光を取り込むために、せっかく南側に大きな窓を設けても、お隣に生活の様子が丸見えとなり、プライバシーが気になります。かといって、カーテンを閉めて生活するのも、日当たりの良さを楽しめないだけでなく、何と言っても生活が窮屈です。今回紹介するのは、高い外壁を作ることで、住まいの南側に大きい窓を作っても安心して生活できる、家族の願いを叶えた理想的な家。手掛けたのは、名古屋を拠点に活動するH建築スタジオです。さっそく見て行きましょう!

4mもの白い壁に注目

住まいのロケーションは愛知県、2階建ての家族の家です。車2台分の駐車スペースと、横長の連窓がアクセントになっている真っ白な住まいの外観。でもここで注目すべきは、南側の隣家に面して建っている白い壁です。高さが4mもあり、塀の様にも、家の建物の外壁の様にも見えます。あまり閉じられた空間にしないため、道路側に中庭へ続く格子の引き戸の出入り口を作る事で、地域と空間のつながりを保つようにしているそうです。

中庭は家族の癒し空間

引き戸を開けて中へ入ると、このようなリビングとダイニングと繋がった中庭になっています。空が見えて、明るく開放的なこの空間は、他人の目を気にせずに過ごせる、家族のための癒しの場所。そのために、4mの白壁は大切な役割を果たしているのです。これなら、例え住まいの南側に大きなガラス窓を設けても、カーテンを開け放していても、安心して生活できますね。

開放感あふれるリビング

リビングは、2階までの吹き抜けとなっており、広々として開放感にあふれています。2階と1階の南側に大きな開口部があり、室内への日当たりも抜群。白い壁・天井と明るい色味のフローリングで、家族がみんなでゆったりとくつろげる、優しい雰囲気のリビングとなっています。

会話が弾むキッチン

キッチン2: H建築スタジオが手掛けたキッチンです。
H建築スタジオ

キッチン2

H建築スタジオ

アイランドとカウンター型のキッチンスペース。作業に十分な広さが確保されていて、料理の作業がはかどりそうです。キッチンからは、中庭やリビングも良く見渡せるので、お母さんがここで料理をしていても、家族の気配を感じることが出来て安心です。また、壁側にもカウンターテーブルが設置されており、お洒落なカフェの様。料理中も自然と家族が集まり、会話が弾みそうな、家族から愛されるキッチンスペースです。

南側の開口は出来る限り大きめに

2階廊下の様子。1階も2階も、南面は出来る限り大きな開口を取って、光を取り込んでいるのがよく分かります。2階の窓の向こうには、お隣を仕切っている白い壁が2階の高さまで届いているのが見えますが、完全には覆われていないのがポイント。そのため、住まいが孤立するのではなく、隣家との空間的なつながりは、十分に保たれていると感じることが出来ます。

住まいと一体感のあるベランダ

夜、2階のベランダから室内を見た様子。高い壁は、ただ隣家を仕切る塀なのではなく、家の外壁であり、またベランダの一部にもなっている、重要な住まいの構成要素だということが分かります。ここベランダからは、2階はもちろんのこと、1階の中庭、リビング、キッチンと住まいのあらゆるところが見渡せて、住まいとの一体感を感じることの出来る空間となっています。

家族の願いを叶える明るく快適な住まいはいかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!