淡い雰囲気に包まれる木造住宅リノベーション

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

リノベーションに至る理由は人によって様々ですよね。コストパフォーマンスがいい、大掛かりな建て替えが出来ない環境など新築の建物ではないけれど、昔の面影を残しながら活かされていく空間。例えば親世代から引き継いだ住宅は全とっかえしてしまうよりもどこか残しながら活用できる住空間は居心地の良さが大きく変わるかもしれません。今回ご紹介するのは、旗竿敷地に建つ、再建築不可の築40年の木造住宅リノベーション。AIDAHO INC.が手掛けたこちらの住まいは、奥まった敷地に建ちながらも明るく開放的なデザインを盛り込んだ住空間です。淡い内装が家全体に光を届けるような心地よい空間を味わうことができます。

淡い雰囲気を持った空間

U-House: AIDAHO Inc.が手掛けたダイニングです。

元々の家が建っていたのは旗竿敷地の奥まった場所でした。再建築が不可能な築40年の木造住宅。家づくりにこだわりを持っていらしたというお施主さんのお父様。この住宅からそんな思いを感じることの住まい。記憶を残しながら余分な壁を取り払う事によって広く明るい空間が生まれました。比較的開口の多い本住宅は昼間でも自然光が静かに降りそそぐような淡い印象。

住空間を楽しむ

U-House: AIDAHO Inc.が手掛けたダイニングです。

40年という時を経た建物、やはり躯体が心配です。補強を兼ねて内部の壁面を覆ったのは白く染色した構造用合板。単純に安価な壁紙で仕上げるよりもぐっと味わいある雰囲気に。淡白いカラーとなった合板は空間のインテリアとして柔らかな印象を醸し出します。全体的にオフホワイトでまとめることによって古びた住空間もデザインの一部であったかのような感覚に。

余分な壁を取っ払うと

U-House: AIDAHO Inc.が手掛けたリビングです。

壁を取っ払ったことにより、ワンルームのようにキッチン・ダイニング・リビングが一体となった広い空間を確保。もともとの面影を残す古びた柱は空間にちょっとしたアクセントのように違和感なく溶け込んでいます。モダンな家具を設えれば築年数をわすれさせてしまう程のナチュラルな空間へ。陽の光が気持ちよく反射する暖かなリビングです。

息を吹き返す空間に

U-House: AIDAHO Inc.が手掛けた寝室です。

どの家にもあった和室空間。真壁の仕上げで和室の雰囲気を残しながらも床板に張り替える事で和洋折衷な空間に。一見すればちぐはぐな印象ですが、白仕上げの柱や棚板など住宅全体の印象を崩すことなく、淡い雰囲気を感じることができます。折り紙で折ったような和を感じる照明やナチュラルな木目の天井板仕上げからは古びた和室を明るく軽快な空間へと様変わりさせています。

空間に統一感を

U-House: AIDAHO Inc.が手掛けた廊下 & 玄関です。

懐かしさの残る玄関廻りも白を基調にした空間へ。リノベーションによってデザインが偏らないような統一感ある仕上げです。新たに仕上げる事によって、昔のデザインがまるで復刻されたように、現代の流行に違和感なく溶け込んでいきます。不揃いのようでしっくり収まってしまうのはリノベーションの魅力の一つかもしれません。

リノベーションによって明るく快適な住空間に生まれ変わりましたね!気が付いた事があればコメントをどうぞ!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!