obi house: ソルト建築設計事務所が手掛けたリビングです。

空間の繋がりが生み出す家族の繋がり「Obi house」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

毎日の生活の中でどれくらい家族と一緒に過ごせるでしょうか。一緒に多くの時間を過ごせる人は多くはないかもしれません。両親が共働きで家におらず、子供は塾に行かなくてはいけないといったように、家族の時間が限られている家庭が多いでしょう。そのため家族の繋がりを感じられるようにした家が多く建てられるようになっています。今回紹介するのもそんな家族のための家です。

シンプルな外観

今回家の設計を依頼したクライアントは、ある考えを持っていました。それは「家族の気配がわかるワンルームのような空間が欲しい」ということ。そんなクライアントの要望に応えたのはソルト建築設計事務所。です。そして「Obi house」という名前の家が建てられました。それが建てられたのは福岡県の住宅地。周りに多くの家が建ち並ぶ中で、本住宅はそのモダンな外観から目を引くでしょう。

単調にならないように考えられた小さな変化

建物は2階建てになっています。箱型の形に白色の外壁。装飾が抑えられ、無駄なものを排除した建物の外観は、とてもミニマルなものに見えるでしょう。ただしミニマルな外観とはいえ単調な印象を与えることはありません。そこには窓が見えますが、形が統一されたものでなく、まとまりを崩すように形が変えられています。そして小さな変化はシンプルな建物に独特なリズムを生み出しています。

白色にまとめられた屋内空間

建物内部にも外観同様にシンプルな空間が広がっています。壁や天井といった目に付くところの色は白色。そして床なども白色に近い色でまとめられており、清潔感や明るさを感じることができます。もちろん建物内も単調な空間にならないように考えられていることがわかります。例えば、それは吹き抜けの中で感じることができるでしょう。

驚きと開放感を生み出す吹き抜け

建物の中心にあるのは天井の高い吹き抜け。そこには意外なものが見えるため、驚かされることになります。それは吹き抜けの中心部に植えられた木。枝葉を伸ばす木のために吹き抜けが建物内だとは思えないでしょう。まるで天井のある中庭のように感じられるかもしれません。もちろん、そんな空間は開放感を感じさせてくれます。このような場所は家族が集まって一緒に時間を過ごすには最適な場所になるのです。

壁の穴が生み出す多彩な表情

本住宅を建てる際に考えられたのは各空間が緩やかに繋げることでした。ただしシンプルすぎては壁の存在感が強調されたり、単調な空間に感じられてしまいます。そこで異なるパターンで穴を空けた壁を並べて空間を作りだしているのです。そのため穴を通じて他の部屋と繋がります。そして異なるパターンの穴が空間に多彩な表情を生み出して、飽きのこない個性的な空間を生み出しているのです

緩やかな繋がりが生み出す家族の繋がり

このような家が果たすのはもちろん家族のための住まい。家の中では穴が部屋と部屋を繋げて緩やかな繋がりを生み出します。そのため家の中で家族の姿が見えなくても、その気配を感じることができます。家にいる時は常に家族の繋がりを感じることができるでしょう。現代社会では家族が一緒にいられる時間は決して多くはありません。ですが、ここでは家にさえいれば家族の繋がりを感じることができます。そして強い家族の結びつきを生み出すのです。

家族の繋がりを生み出す家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!