綺麗な部屋にするために今すぐ捨てるべき6つのもの | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3688:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

綺麗な部屋にするために今すぐ捨てるべき6つのもの

Emi M Emi M
Bespoke Minimalist Kitchen By Luxmoore & Co ミニマルデザインの キッチン の Luxmoore & Co ミニマル
Loading admin actions …

本当に綺麗な部屋にしたいなら、今すぐ捨てるべき6つのものがあります。普段から整理整頓を欠かさず部屋が綺麗な方も、この6つはもしかしたら見落としているかもしれません。より美しく風通しの良い部屋を目指して、あなたの自宅もぜひ見直してみて下さい!今回は、断捨離で始める部屋を綺麗にする方法をご紹介していきます。

1、きれいな部屋はキッチンから始まる

部屋を綺麗にする方法の一つ、まずは余計なモノを無暗に取っておかない。例えば、食器洗い用のスポンジには雑菌がいっぱい。使い捨てにする必要はありませんが、意識して定期的に新しい物に取り替えるようにしましょう。また、使用後はスポンジをしっかり絞り水分をなるべく残さないようにすると、悪臭や雑菌の繁殖を少しでも抑えることができます。きれいな部屋対策は、まずキッチンから始めましょう。


「住まいの写真」ページでは様々な種類のキッチンを紹介しています。◀

※ キッチンの写真ページ

2、きれいな部屋とクローゼットはリンクする

Interiorizaが手掛けたクラシック, クラシック

部屋を綺麗にする方法の二つ目の場所、クローゼット。クローゼット内を整頓する時は着なくなった衣類だけでなく、使い古したシーツや枕カバーなどのベッドリネンやタオルケットなどにも注目して下さい。もしそれらを仕舞い込んでいるのなら掃除用クロスとしてリメイクするか捨てましょう。シーツ類は大きいだけに意外と場所を取るもの。それらを手放せばクローゼットにもっとスペースが生まれ、綺麗な部屋を保つのが楽になります。


【住まいづくりについては、こちらの記事でも紹介しています】

 加湿器を使わずに部屋を加湿する簡単な方法!

3、長年使っていない調理器具

simplehumanが手掛けた現代の, モダン

部屋を綺麗にする方法の三つ目は、キッチンの収納の見直し。例えば、鍋やフライパンはキッチンキャビネットのスペースをかなり消費します。特に、重ねることができないものはそれだけで引き出しの半分を占めていたり… 。前回の大掃除以来一度も使用していないものは思い切って捨てましょう。部屋が綺麗な人は余裕をもって収納場所も整理整頓されています。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録していきキッチン&バスルーム機器 ※

4、きれいな部屋は溜め込まない

Bespoke Minimalist Kitchen By Luxmoore & Co ミニマルデザインの キッチン の Luxmoore & Co ミニマル
Luxmoore & Co

Bespoke Minimalist Kitchen By Luxmoore & Co

Luxmoore & Co

部屋を綺麗にする方法の三つ目に続いて、キッチンストックの見直しをしましょう。缶詰や乾物、ジャムや調味料など賞味期限が長い食品は安い時にまとめ買いして保管しておく、という人が多いことでしょう。しかし、手元にいくつそれらの在庫があるか把握していますか?安いから買っておこうとどんどん増やすと、食料庫やキャビネットの奥の方から賞味期限切れのものがたくさん出てきた… なんて事態にもなりかねません。保存食品は定期的に賞味期限をチェックして古いものから食べるようにします。賞味期限が切れているものは捨て、期限が近いものを手前に、新しいものは奥へ仕舞うようにしましょう。必要なものだけあるきれいな部屋を目指しましょう。

5、古新聞や雑誌

部屋を綺麗にする方法の五つ目は、蔵書の整理。回収日まで大量に溜まりがちな古新聞や雑誌。蓋付きのボックスやバスケットを用意して中身が見えないようにしておくと、生活感が出ず部屋も乱雑に見えません。新聞や雑誌は手放せても本は簡単に捨てられないという人が多いはず。本気で大量の本を自宅に持っておきたいというのなら、本の収納をメインとした部屋作りが必要です。こちらは長野県の建築家による蔵書でつくる綺麗な部屋の住宅。1.5万冊という本と暮らすために設計されたまさに本のための家。本好きには夢のスペースです!

6、部屋が綺麗な人は玄関も綺麗

部屋を綺麗にする方法、六つ目は靴の整理。趣味が変わって履かなくなった靴、サイズが合わなくなった靴、足が痛くなるので履かなくなった靴… 靴箱に眠っていませんか?まだ新しいしいつか履くかもしれないと保管しておいて… 何年経ちましたか?そういった靴は結局二度と履かないことがほとんど。誰かにあげたりフリマで売ったりして手放すのがベターです。靴箱にスペースができれば今まで出しっぱなしになっていた靴や傘も仕舞うことができ、玄関がすっきりします。部屋が綺麗な人は、玄関も整頓されています。


部屋が綺麗な人は、収納場所を見極めている

部屋が綺麗な人は、自宅の収納量をしっかりと見極めています。こちらは寝室に造作された大きな床下収納。しっかりと引き出して中を確認できるので、奥にはあまり出し入れしない季節のモノ、手前はリネンや布団など、収納のデザインによって収めるモノをより分けることが大事です。

撮影:金田 幸三

詰め込み過ぎない

部屋が綺麗な人は、スペースがあるからといって沢山のモノをぎゅうぎゅうに詰め込みません。断捨離をしっかりすれば、余裕をもってお気に入りのモノをインテリアとして飾るということができます。こちらの住まいは、町屋をリノベーション氏、玄関から、アトリエ・和室・板間・ダイニング・キッチン・庭と一つながりになる住まい。左手は長い壁を活かして本棚収納にしています。遮音も兼ねた本棚には家主のお気に入りの本やオブジェが飾られ、落ち着いた町屋の雰囲気をより美しく演出しています。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※  

綺麗な部屋を目指して断捨離を始めてみましょう?是非、感想を教えてくださいね。
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!