吹き抜けの階段が光を届ける!明るい家族の家

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、吹き抜けの階段が光井戸として下層に明るさを届ける、快適な家族の家です。敷地の自然環境を上手に生かし、採光や通気の良さが十分に感じられる、気持ちのいい住空間が実現しました。東京を拠点に活動するUNICO DESIGN一級建築士事務所が手掛けたこの住まい、一体どんなものなのでしょうか? さっそく見て行きましょう!

片流れ屋根のシャープな外観

ロケーションは、東京の閑静な住宅街。住まいは、夫婦と小学生の子供2人の4人家族の住む、地上2階建ての家です。こちらは正面ファサードの様子。青空にスーッとシャープなラインを描くような、片流れ屋根が目を引く外観。入り口ドアのブルーの色も、ワンポイントとなっていてお洒落です。両サイドには、隣家が密接して建っていますが、住まいには独特な存在感がありますね。

広々とした明るいLDK

玄関を入り、1階はLDKに趣味室があるという、広めのワンルームのような作り。階段が部屋の真ん中に位置しているのも特徴です。白い壁と天井に、赤とグレーの色に塗られたキッチンが、空間のアクセントとなって効いています。さらにウォールナットの落ち着いた床の色味が、部屋全体の雰囲気を引き締めています。

ワンポイントがお洒落なキッチン

板が少し重なり合うように張り付けられた、グレーの下見板張りの面がワンポイントとなっているお洒落なキッチン。赤く塗られた逆側からの眺めとは対照的に、こちら側から見たキッチンは、白で統一されシンプルで清潔感のある雰囲気です。ここに立つと、リビングも良く見渡せますね。これなら料理中のお母さんも距離を感じずに、リビングでくつろぐ家族と気軽に会話が楽しめそうです。また、キッチンは吹き抜けになっている階段の近くに位置しているため、家族の誰かが2階にいても、すぐに声をかけることが出来ます。

光を届ける階段

1階リビングの中央に設置された階段は、スペースのことを考慮して、廻り階段となっています。構成も細い手すりとステップ、という骨組みだけのシンプルな作り。これによって、2階のテラスに面する大きめの開口部から、たくさん光を取り込み、それが1階まで十分に届くようになります。吹き抜けの階段は、この住まいの光井戸として、重要な役割を果たしているのです。この明るい階段を、子供たちも毎日元気に駆け上がります。

癒しの場所?それとも秘密の隠れ家?

2階の主寝室からはしごを登ると、モダンな畳が敷かれたロフトスペースがあります。小さくシンプルな空間ながらも、畳による和の雰囲気によって、気分を落ち着かせてくれます。両親がのんびりとリラックスする場所として、または子供の達の秘密の隠れ家として、住まいの中でも大切な場所になることでしょう。

風通しと日当たり抜群のテラス

中庭的な雰囲気のある、日当たりのいい2階テラス。隣家に近い距離でも、目隠しの役割をする仕切りがあるので、プライバシーはしっかりと確保されています。逆に住まいに面する側がガラス開口になっていることにより、十分に光を室内に取り込み、吹き抜けの階段を通ってその明るさが1階にも届きます。このテラスは、2階の主寝室と子供部屋を結ぶように、南北を通るように設置されており、テラスの両サイドにガラスドアを作ることで、風通しも良くなっています。

吹き抜けの階段が効果的な、明るい家族の住まいについていかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!