個性的なデザインと開放的な室内が魅力!ダイナミックな屋根を持ったモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
MYS House, artect design - アルテクト デザイン artect design - アルテクト デザイン オリジナルデザインの リビング
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、ダイナミックな片流れ屋根の存在感が目を引くお洒落でモダンな住宅です。ゆとりのある敷地と周辺環境を生かして、見晴らしの良さと開放感が楽しめる快適な住まいとなっています。このプロジェクトを手掛けたのは、福岡県を拠点に活動するARTECT DESIGNです。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

撮影/ Y.Mizoguchi

大きな片流れ屋根を持つ外観

目の前には畑が広がっており、とても見晴らしのいい敷地に建っているこの住まい。ダイナミックで存在感のある大きな片流れ屋根が目を引く木造2階建てとなっています。その眺めの良さを最大限に生かすように、広い庭とデッキテラス、そしてLDKには大開口を設けており、暮らしの中で開放的な気分を思う存分味わえる作りのようですね。

角度によって変わる住まいの印象

こちらは角度を変えて見た外観です。先ほどの庭側の外観に比べて、ナチュラルなブラウン系の要素がグッと減り、ブラック系の外壁の割合が多くを占めており、設けられた窓も控えめな大きさになっています。全体的にはシックでモダンな雰囲気が漂っていますね。このように外観デザインにメリハリがあり、見る角度によって印象が変わるという点も、この住まいの魅力の一つといえるのかもしれません。

快適なデッキテラス

大きな屋根によって作り出された深い軒下空間には、広々とした快適なデッキテラスが設けられています。建物の周囲に視界を遮るものがないため、開放感が抜群のこの半屋外スペースは、ちょっとリラックスしたい時に腰かけて休憩をしたり、天気のいい日は日向ぼっこが楽しめたりと、室内と屋外をつなぐ家族のくつろぎスペースとして、重宝していることでしょう。

開放感のあるLDK

屋根の形を生かした勾配天井によって、空間的なゆとりが生まれているこのLDKスペース。建材が露出したあらわしの仕上げとなっているので、屋根の垂木や柱が白を基調とした室内インテリアにいいアクセントをプラスしています。LDKに面しては大きな開口を設けており、デッキテラスや庭、そして見晴らしのいい景色までを生活の中に取り込むことで、外部とのつながりが強く感じられる室内空間となっているようです。

お洒落な階段

2階へ続く階段部分は、効果的に黒が使われており、シンプルでナチュラルなLDK空間を少し引き締まった印象にしています。また階段はLDKの開放的な雰囲気を遮らないオープンな作りで、さりげないその存在感がお洒落ですね。2階へ上がる時、1階へ下りてくる時、常に家族と顔を合わせることになるため、コミュニケーションの機会も増えるのではないでしょうか。階段からも外の開放的な景色が見渡せ、毎日の階段の上り下りの際の足取りも軽やかになりそうです。

広々としたキッチン

こちらはキッチンから見たLDKと屋外の眺めです。モダンで機能的なデザインのアイランドキッチンは、作業スペースも広々としていて、とても使いやすそうな印象。リビングやダイニングと同じように開放感と景色が楽しめるので、料理などでキッチンに立っている時間も明るい気分で作業に取り組めるので、毎日の食事の支度がはかどりそうです。

お洒落で開放感が抜群の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!