初心者ガイド: 家の装飾はどうすれば良い?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

家をオシャレに仕上げて素敵な空間にしたい!と思う人は多いでしょう。雑誌やインテリアショップで見る空間はなんとも素敵で、自分の家もこうだったら… と理想を描くはず。でもいざ自宅を彩ろうとしても、どのように装飾をしたら良いのか分からないと悩むますよね。今回はそんなデコレーションの初心者のために、どのように空間を彩る事ができるのかアイデアを紹介していきます。身近にあるものを工夫して取り入れ、できる事から始めていきましょう!

自由に飾る

壁をオシャレに飾りたいけど、何を選びどのようにすれば良いのかわからないという方、まずはこちらブラジルの空間のように自由に飾ってみましょう。小さな時計や鏡など、物や色もランダムで良いのです。装飾の初心者でも自分でやっているうちに、”こうした方が良いかな”、”こうしてみよう”と自然とアイデアが浮かんできて、装飾の腕が上がっていきますよ!

照明を揃える

こちらはポーランドのインテリアデザイナーによって手掛けられたリビング。小さく可愛らしい物が揃っていると思いませんか?天井、鏡の両サイド、そして棚の上に同じ形をした照明が飾られてありますね。こじんまりとしていても、昼は外からの光、夜はテーブルのキャンドルを灯せば十分な明るさです。照明を揃えてみるとまとまりが出てオシャレなリビングがつくれますよ!

コップを活用

こちらは名古屋を中心に活動するソフトデザイン1級建築士事務所によって手掛けられたリビングです。装飾をしているというよりも、マグカップなど置物を並べて可愛らしく仕上げていますね。アートや飾りなどデコレーション用の物を取り入れるのも良いですが、このように日常で使う物をキレイに並べるだけでオシャレな雰囲気に仕上がります。物が多くなるリビングでは、収納棚にただしまっておくだけでなく、テーブルから届く範囲に飾っておくと手も届き使いやすく、飾りにもなります。まず自宅にある、身近な物から始めていきましょう!

ブラックボードを置こう!

GOODOUBLE - 写真07: 平山庭店が手掛けた壁&床です。
平山庭店

GOODOUBLE – 写真07

平山庭店

こちらは愛知県を中心に活動する平山庭店によって手掛けられた空間です。白い壁に大きなブラックボードを掛け、自由に描く事でオリジナルな空間が生まれます。ホームパーティーの時は”Welcome!!”と書いたり、何か目標がある時はそこに書く事で日々見られますしモチベーションもあがりそうです。絵を書くのが好きならばカラフルに仕上げると部屋全体がパッと明るくなりますね!装飾初心者の方は、考えすぎず、まず楽しむ事が大事ですよ!

植物を飾る

覚王山のリノベーション: Nobuyoshi Hayashiが手掛けたベランダです。
Nobuyoshi Hayashi

覚王山のリノベーション

Nobuyoshi Hayashi

家のデコレーション用にインテリアショップや小物屋さんに足を運ぶも、沢山可愛い物が売っておりどれを選べば良いのか悩みますよね。そんな中、視点を変えてみて植物を飾っていくのはいかがでしょうか?こちらは観葉植物に囲まれた落ち着いた雰囲気の空間。名古屋で活動するNOBUYOSHI HAYASHIによって手掛けられました。コンクリートと木材で仕上がる家に緑が空間を調和しているよう。白い壁に緑があるだけでも雰囲気が出るので、装飾初心者には向いているかもしれませんよ。

写真を活用

装飾のために何を買うべきか迷っている方、新しい物の購入で出費をする前に、思い出がつまった写真を飾るのも一つの手です。こちらはポーランドの家。大きな黒板の壁となっており、書いたり貼ったり何でもできます。キレイに並べて貼っていくより、ランダムに飾っていく事でモダンでオシャレに仕上がります。お気に入りの写真を見つけて、空間に取り入れてみましょう。

初心者向けの家の装飾アイデア、いかがでしたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!