見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ナチュラルシンプル、でも遊び心のあるコンパクトな住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

敷地の大きさ、立地、周囲の環境など、どんなお家を建てる際にも何かしら制約はあるものです。今回はそのような与条件の下、むしろそれらを逆手にとって、自由な、遊び心あるコンパクトな住まいを実現した好例をご紹介いたします。株式会社SEKI.DESIGNが手掛けたこちらの物件は、のどかな田園風景が広がる地域に立地する30代夫婦と男児2人、計4人家族のための2階建て住宅。クライアント夫婦のご両親、祖父母が住まう母屋の隣にあった倉庫を解体し、新築されました。設計に際し、敷地内の既存の建物の配置などから、外形が以前とほぼ同じボリュームのコンパクトな建物にする必要がありましたが、そんな制約を感じさせない魅力的な住まいに仕上がっています。では詳しく見て行きましょう。

​のどかな田園風景に佇むシンプルな外観

押部谷の家 外観: 株式会社seki.designが手掛けた家です。
株式会社seki.design

押部谷の家 外観

株式会社seki.design

こちら道路に面した北面の玄関がメインアプローチです。正面にはこの玄関の開口のみが大きく取られ、ミニマルでシンプルな外観となっています。

​既存の蔵戸を玄関扉にアップサイクリング

押部谷の家 蔵戸を再利用した玄関: 株式会社seki.designが手掛けた家です。
株式会社seki.design

押部谷の家 蔵戸を再利用した玄関

株式会社seki.design

正面玄関のほかにも母屋との行き来がしやすいよう東面にもう一つの出入り口が設けられています。こちらの玄関に使用されている木製扉は、ここにあった蔵の扉を再利用したものです。このように敷地内に住む家族になじみの深い、ノスタルジックな風景の一部を再利用し使い続けることで新旧建物につながりがもたらされ、新居により愛着が持てるのではないでしょうか。またこの趣ある扉は、真っ白でシンプルな外観のチャーミングなアクセントともなっていますよね。

​「間取り」という概念にとらわれない自由な空間構成

押部谷の家 リビングからダイニングを望む: 株式会社seki.designが手掛けたリビングです。
株式会社seki.design

押部谷の家 リビングからダイニングを望む

株式会社seki.design

こちらは外形の制約、コンパクトな住まいにしなければならないという条件のもと建てられましたが、同時に、クライアントご家族が将来母屋へ移る予定で今回の新築住宅は子育て時期に暮らすための住まい、という前提もありました。そのため、クライアントご夫妻からは新築の際に一般的である、部屋数や収納についての要望は少なく、それよりも居心地の良い一体感ある空間が望まれました。一階にあるリビングとダイニングの間には勾配に沿って設けられた70 cmの高低差があり、その間は間口の幅いっぱいの階段でつながれています。この階段は一段一段の奥行きもあり、勾配もゆるやかなため、単に上り下りするだけでなく、腰かけたり、物を飾ったりと、様々な使い方ができますよね。また壁ではなく、高低差によって空間が仕切られているため、視界が広がっており、広々とした空間に感じられます。既存の概念にとらわれない自由な発想で素敵な空間が実現しています。

家の中心、ダイニングスペース

押部谷の家 リビングから吹き抜けを仰ぐ: 株式会社seki.designが手掛けたダイニングです。
株式会社seki.design

押部谷の家 リビングから吹き抜けを仰ぐ

株式会社seki.design

こちらは、ダイニングおよびその上部の吹き抜け部分です。ここからはとリビングルームや2階のベッドルームなどが一望できます。そしてベッドルームから黒皮鉄の吊り橋を渡ると、屋根裏にある御主人の趣味のスペースへとつながっています。こちらの趣味部屋のドアは壁と同じ素材で作られており、閉まっている状態だと壁と同化するような効果があります。すっきりとした外観になると同時に、まるで隠し部屋のようでワクワクしますね。床材に使われた米松を中心に、全体的に木がふんだんに使われ、ナチュラルで温かみのある落ち着いた雰囲気の空間となっています。

​家族をつなぐ場所、玄関

押部谷の家 玄関土間: 株式会社seki.designが手掛けた廊下 & 玄関です。
株式会社seki.design

押部谷の家 玄関土間

株式会社seki.design

こちらは玄関の様子です。右手の母屋へ続く蔵戸、奥の正面玄関の扉と2つの出入り口をつなぎ、全ての家族が利用し出会う空間であるため、ゆったり広々とした造りとなっています。小上がりがこれだけの余裕をもたせて設計されていれば座ってお喋りするなど、土間のような使い方もできますよね。床材のダークな色合いと蔵戸、その他の明るくナチュラルな素材が絶妙にマッチしている居心地の良い空間です。

小さなな住まい=狭い空間では決してありません。全てを小さく細分化してしまうのではなく、メリハリを持った空間構成を考えることで、コンパクトでもその小ささを感じさせない住まいを実現することができます。

ナチュラルシンプル、でも遊び心のあるコンパクトな住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!