RC造の三世代住宅|六条の家: シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けた和室です。

落ち着きのある雰囲気と上品なインテリアが素敵!家族の気配を心地よく感じられる住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、上品な佇まいが魅力の3世代家族が集う家です。直線的なデザインが美しく際立ったこの住宅の内部には、落ち着きと開放感の両方を楽しめるスペースがたくさん作られており、家族との心地よい時間を満喫できるようになっています。またモダンな作りの中庭空間にも注目です。このプロジェクトを手掛けたのは、東京を拠点に活動するシーズ・アーキスタディオ建築設計室です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

上品な佇まいの外観

周辺には豊かな自然が広がる敷地に建っているというRC造のこの住宅。ここに3世代の家族が集い仲良く暮らしています。住まいは直線的なラインが強調されたデザインで、品がありモダンな佇まいの外観となっています。防犯のために取り付けたという縦格子がありますが、住まいを囲む壁との組み合わせやバランスが良く、デザインの一部としてもプラスに機能しており、とてもお洒落な雰囲気です。

玄関ホールと客間

こちらはエントランスホールと、その脇に設けられた客間の様子です。庭に面して設けられた大きな開口には防犯用の格子が設置されていますが、光が入ることでその影が室内に映り込み、上品な室内インテリアに優しいアクセントを加えています。玄関の隣に設けられた客間も落ち着きがある作りとなっていて、ゲストのおもてなしにピッタリのスペースですね。

趣のある和室

壁部分の丸く空いた小窓のようなスペースから和室をのぞんだ様子です。趣があり落ち着いた雰囲気に包まれており、この空間にいるだけで自然と心が安らぎそうです。床の間に設けられた窓が縦長の形をしていることで、ちょうど掛け軸のようになっている点もユニークですね。開口の向こうに見える眺めが風景画のような役割を果たしており、季節によってさまざまな景色で楽しませてくれそうです。畳のある和の空間は、いつの時代も私たちの心と体を優しく癒してくれる存在ということを改めて感じます。

リビングの吹き抜け

こちらは、2階吹き抜けから1階のリビングを見下ろした様子です。高い天井の吹き抜けは開放感があるので、視覚的だけでなく精神的にもゆとりが生まれて、やはり気持ちがいいですね。2階には主寝室、書斎、子供部屋などが配置されており、家族がこの吹き抜けによってお互いの気配を感じながら、安心して過ごすことが出来ます。

リラックスできる中庭

こちらは室内から中庭をのぞんだ様子です。大きな開口によって外部と内部の空間につながりが生まれており、毎日の暮らしの中で気軽に中庭に出やすい雰囲気となっているのがポイント。屋外でも屋内でも自分の好きな場所を見つけてリラックスすることが可能です。中庭にはシンボルツリーや水盤など自然の要素をさりげなく取り入れており、公園のような雰囲気も感じられそうです。

パーゴラのある中庭

こちらは中庭からの外観です。石が敷かれモダンな雰囲気のあるこの中庭空間には、棚状のいわゆるパーゴラが設置されています。屋外での日陰スペースにもなり、また植物を絡ませることでその景観を楽しむことも出来そうです。建物に囲まれるように作られた中庭スペースなので、静けさを楽しみながらゆったりとした時間を過ごせます。

上品な雰囲気のモダンな住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!