築42年のマンションがおしゃれなカフェバー風にリノベーション!

K.Matsunaga K.Matsunaga
シャンボール桜坂 508 リノベーション, nano Architects nano Architects オリジナルデザインの キッチン 木 木目調
Loading admin actions …

ライフスタイルが多様化し、インテリアにも住まい手の個性が生きる家も続々誕生しています。暮らしの中にも、普通の「家」としてだけでなく、好みに合わせたコンセプトを取り入れたい場合もあるでしょう。今回ご紹介するのは、NANO ARCHITECTSが手がけたマンションのリノベーション。築42年のマンションを、スケルトン状態にしてからの再生プランです。元が畳の和室が2部屋だったとは思えない、まるでバーやカフェのような雰囲気のスタイリッシュな空間へと生まれ変わりました!

Before:改装前の室内

ビフォー1 nano Architects
nano Architects

ビフォー1

nano Architects

以前は2DK、畳の和室で特徴のない時代を感じる室内でした。建具も低く、どこか中途半端な雰囲気は暮らし方に悩む間取りでもありました。

Before:部屋からキッチン側を見た室内

ビフォー2 nano Architects
nano Architects

ビフォー2

nano Architects

日当たりの良い側は部屋になっていますが、奥側のキッチンや水回り方面は光が届かないため暗くなりがちでした。襖で仕切るため家具の配置もしにくく、壁はモルタルに塗装という冷たい雰囲気でした。

After:広がった玄関スペース

マンションでは玄関はコンパクトに作られていることがほとんどです。今回のリノベーションで、玄関は土間の広いスペースに変更がなされました。少し大きなスペースが増えることで、ゆったりとした印象を与えられると同時に、ちょっとした自転車や植物を置いたりするにもゆとりのある空間になります。収納はオープンな棚を壁面いっぱいに取り付け、水平のラインが生きることで奥行きが生まれています。玄関と他のフロアには扉を設けず、流れるような動線で繋がれるようになりました。玄関のみが孤立せず、空調が遮られて寒さを生む原因も和らげられます。間接照明を使い、ふんわりと幻想的でラグジュアリーな印象が生まれています。

After:段差を使ったリビングとダイニング

LDKとベッドルーム nano Architects オリジナルデザインの リビング 木 木目調
nano Architects

LDKとベッドルーム

nano Architects

フロア全体は壁を撤去し、フローリングと土間フロア部分に分かれています。ベッドルームは独立せず、まるでワンルームの一角にあるようにナチュラルに配置されました。アイアンとガラスのパーテーションで区画分けはされていますが、透け感のある分け方により圧迫感やそれぞれの窮屈さを感じないナチュラルでモダンな仕上がりとなっています。スペースを分ける方法には壁を作り、部屋として独立させるというイメージが強かった頃もありました。現在ではこうして空間を緩やかに仕切り、空間全体を広く豊かに感じさせるというのも一般的になってきています。全てを見せるというのは初めは抵抗があるかもしれませんが、まるでモデルルームのようなスタイリッシュさや、限られた空間を使いやすくおしゃれにみせる方法、そして部屋を行き来しなくても良い使い勝手の良さに一度暮らし始めると他の間取りでは物足りなくなってしまうかもしれません。

After:大きなキッチンとダイニングスペース

ダイニング・キッチン nano Architects オリジナルデザインの ダイニング 木 木目調
nano Architects

ダイニング・キッチン

nano Architects

キッチンは無垢材をあしらい、大きなカウンターを持ったオリジナル。土間の空間にはコンパクトなテーブルとチェアのセットが置かれ、キッチンはバーカウンターのようにハイチェアと共になっています。用途による使い分けをすれば、大きな家具を置かなくとも空間がまとまります。キッチンから水平に伸びる棚にはオーディオが置かれ、まるでカフェのような居心地の良さは生活空間とは思えない仕上がりです。時にはソファで本を読みながらコーヒーを楽しんだり、夜にはバーのようにカウンターでお酒を、ときにはベッドに寝転びながらワインを楽しむのも至福のひと時になるでしょう。適した場所に、適した大きさの家具を配置し、空間に余白があることで狭さやありきたりの退屈さをまるで感じない空間づくりに成功しています。

After:限られた空間がほどよく収まるプラン

シャンボール桜坂 508 リノベーション, nano Architects nano Architects オリジナルデザインの キッチン 木 木目調 キャビネット,カウンタートップ,台所の流し,キッチンストーブ,ガスストーブ,衛生器具,シンク,キッチン家電,キッチン,木
nano Architects

シャンボール桜坂 508 リノベーション

nano Architects

空間に対して、部屋や居住空間は広く、他は絞っても良い、という考えが今までは一般的だったかもしれません。全てを詰め込もうとすると、どれも中途半端になってしまうこともあります。また空間に対して大きくスペースを割くのは難しい、と諦めてしまうこともあるかもしれません。この家では、玄関やキッチンを通常多くある家のプランよりも大きく配置され、大きな割合を占めています。しかしながら窮屈さや他の空間が圧迫されることもなく、メリハリのある豊かな空間としてそこに収まりました。段差のあるフロアの巧みな空間分けや、「見せる」効果を発揮した結果、心地よさを感じる適度なボリュームが生まれカフェやバーのようなおしゃれな生活空間として生まれ変わりました。家づくりにおいては既存のベーシックなプランだけにフォーカスするのではなく、スペースを自由な発想で建築家と共にアイデアを出し合い、どのような暮らしをしたいかに着目するとリノベーション後の仕上がりがぐんと変わります。築年数を重ねたマンションでも、まるで今までの古さを感じさせない物件としてリノベーションができれば、中古物件の価値もどんどん高まっていくことでしょう。

【リノベーションについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ マンションリノベーションのメリット・デメリットとは?実例と合わせてまとめ解説!

※ リノベーションのメリット・デメリットを実例とともに完全解説!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ


まるでモデルルームのようなおしゃれなリノベーションに興味はありますか?コメントをお願いします!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!