ちょっとした小さな収納の作り方

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

部屋が小さなもので散らかっていて、小さくていいからきれいに収納したいと思ったことは一度はあるのではないでしょうか。小さな収納であれば軽く簡単に持ち運べるので、模様替え際にも便利です。そこで今回は、シンプルで利便性も兼ね備えたちょっとした収納をご紹介したいと思います。

小さなたんす

The Cotswold Companyが手掛けた寝室
The Cotswold Company

Oakland Bedroom Collection

The Cotswold Company

背の高いたんすから細長いたんすもあれば、かわいらしい小さなたんすもあります。こちらのTHE COTSWOLD COMPANYのたんすのように丁寧にデザインされたたんすであれば、もちろんたんすの中に小物を納めることもできますが、たんすの上に物を置いても全く散らかったようには見えません。反対に、無造作に置いている方が少しおしゃれに見えるかもしれません。こちらのようにデザインの同じ大きさの違うたんすを組み合わせると、より統一感があっておしゃれなインテリアになるでしょう。

コンパクトな戸棚

部屋に散らかっている小物は大きさや種類もまちまちで、きれいに見せながら納めておくのはなかなか難しいでしょう。そんなときは、コンパクトな戸棚に隠してしましましょう。小さな戸棚であれば、部屋の色々な場所にかけたり置くことができますので、室内の内装に合ったところに自由に配置できます。こちらのCOTTAGE STYLEが設計した別荘の洗面所にある戸棚は、扉に鏡をはめ込んだ機能的な小さな収納となっています。

壁に吊るす

Natural Urbanoが手掛けた家庭用品
Natural Urbano

Serie Mecapal

Natural Urbano

部屋の壁を見てみると、小物を収納するスペースがかなりあるのではないでしょうか。コートをかけるのような出っ張りを壁につくれば、それだけでちょっとした収納ができます。こちらのNATURAL URBANOによるものは、出っ張りに紐のついたかごやコの字の枠を吊るし、その中に果物や本といったものを置いています。出っ張りだけだと引っ掛けられないものもありますが、これならどんな小物を置いておくにも丁度いいですし、何より統一感があり収納しながらおしゃれに部屋を飾れます。

ミニマルな棚

シンプルに壁に棚を取り付けるのも、すっきりときれいに小物を置いておきながらおしゃれに見せられます。こちらのYU MATSUDA DESIGNによる壁面シェルフは、見えている板の厚さがわずか3.5mm。強度を心配されるかもしれませんが、板の断面を三角形にすることで十分強度は保たれています。壁に取り付ける金具も隠されていて、非常にシンプルにデザインされています。最小限の小さな収納には、このミニマルなデザインは見事にマッチするのでしょう。

持ち運びに便利なかご

Korboが手掛けた廊下 & 玄関
Korbo

Inspiration

Korbo

色々たくさん収納すれば、持ち上げられないほど重くなるのは当然。移動できる小さな収納が必要な時は、持ち運びに便利なかごにしてみてはどうでしょうか。こちらのKORBOによる取手付のかごであれば、持ち運びが楽なのはもちろんのこと、中に何が入っているかが一目でわかるので、適当にこのかごの中に片づけても、すぐに探しているものを見つけられるでしょう。壁に取り付けるようにすれば、中の物を清潔に保てますし床の掃除も楽にこなせます。

鏡周り

小物であれば、鏡の周りに置いても問題ありません。こちらの鏡は、周囲を幅10数cmの木の板で取り囲み、その内側に歯ブラシや化粧品などの小物を置けるようにしてあります。実用性を兼ね備えたデザインはよりおしゃれに見えます。鏡はもちろん鏡としての実用性を持っていますが、そこに小さな収納の機能を持たせることでより実用性のあるおしゃれな洗面台になるでしょう。これまで述べてきた6つの方法ですが、それらのいくつかを上手に組み合わせると、また違ったより機能的でおしゃれなちょっとした収納が見つかるかもしれません。

部屋の小物をうまく片づけられそうでしょうか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!