若竹の家: 株式会社アトリエカレラが手掛けた家です。

ミニマルな外観でもマキシマムな生活「若竹の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

最近では多くのモダンな家が建てられています。中には徹底的に余分な要素をそぎ落としたミニマルな家も見られるようになりました。そんなミニマルな建物のですが、場合によっては生活の無駄なものを削ぎ落としてしまい、単調な生活をもたらしてしまうことにもなるでしょう。そこで紹介したいのは株式会社アトリエカレラが手がけた家。それはミニマルな空間でありながらも、多様性のある空間を生み出しています。

ミニマルな外観の建物

本住宅が建てられたのは長崎県の住宅地。周りに多くの家が建ち並ぶ場所で、建物の外観はとても目立つでしょう。家は木造2階建ての建物。それは箱型の形になっています。そんな形をさらに強調するのは窓。それは建物のシルエットと同じような形になっており、デザインがまとめられて統一感を生み出しています。建物の外観では窓以外には目立つようなものはなく、建物のシンプルさを強く感じられるでしょう。

明るさをもたらす吹き抜けや天窓

家の中にあるのは明るくシンプルな空間が生み出されています。それを可能にしているのは天窓や吹き抜け。家の中心にある天窓からは、暖かな太陽の光が室内へと注ぎ込みます。その光が感じられるのは2階部分だけではありません。天窓の下に設けられた吹抜けは、太陽の光を1階へともたらします。そのため家の中で太陽の光を感じることができ、心地良さを感じることができるのです。

空間の繋がり生み出す家族の繋がり

明るい住まいの空間を演出するのは天窓や吹き抜けだけではありません。本住宅は出来る限り部屋同士を仕切らないようにしているため、太陽の光が家の中全体に広がるようになっています。このようなオープンな空間は明るさを演出するだけでなく家族の繋がりを強くしてくれるでしょう。なぜなら家の中にいれば家族の姿が見えなくても、その気配を感じることができるからです。空間の繋がりは家族の繋がりを生み出すのです。

土間が生み出す生活の変化

シンプルな空間に大きな特徴を与えているのは1階に設けられた土間。それは昔ながらの建物にあったもので、現在ではあまり見かけられなくなりました。ですがここでは現代の住まいの空間に伝統的な日本の空間を取り入れています。このような空間が生み出すのは空間の自由な使い方。土間は地面と同じ高さになっているため、外から入って気楽にくつろげる場所になります。もちろん気軽にゲストを招くことができるため、生活に変化をもたらすことになるでしょう。

ミニマルな家でマキシマムな生活

本住宅は無駄な要素を感じさせないミニマルな外観になっています。ですが、ここでの生活は結して単調なものになるわけではありません。明るく家族の繋がりを感じられる空間。そこに気軽に友人などを招き、生活を楽しむことができるのです。このような住まいはミニマルな空間であってもマキシマムな生活を可能にしてくれるでしょう。

ミニマルな家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!