ファサードのカーブが美しい家5軒! | homify Japan
NJResidence: ヒココニシアーキテクチュア株式会社が手掛けた家です。

ファサードのカーブが美しい家5軒!

ファサードのカーブが美しい家5軒!

Y. Y. Y. Y.
Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

私たちの周りには、直角が溢れています。本や窓、扉、箪笥の角に始まり、建物も直角からなるボリュームがほとんどです。そのため、違和感を感じることはありませんが、それは全て人工のもの。自然界には実は直角は存在しないそうです。それが原因かどうかは分かりませんが、やわらかなカーブを描く建物を見ると、どこかほっとしませんか?そこで今回の記事では、ファサードのカーブが美しい家5軒をご紹介したいと思います。

NJResidence

北海道札幌市を拠点に活動するヒココニシアーキテクチュア株式会社が手掛けたのは、こちらのプロジェクト「NJResidence」。モダンな2世帯住宅で、敷地は北海道札幌市の郊外に位置します。コンクリートの外装がスタイリッシュなイメージですが、なんといっても目を引くのが、丸い筒状のボリューム。曲面壁の総長はおよそ50mとのことから、建物がかなりの大きさであることが分かります。この建物を反対側は、円錐形ではなく一部オープンになっており、もともと敷地にあった日本庭園を取り込むと同時に、周囲の山々を借景も考慮されています。こちらは、「開放的だけど程よい距離感で暮らせる!丸く囲まれたモダンな2世帯住宅」で詳細をご紹介しています。

haus-wave

一級建築士事務所HAUSが手掛けたのは、こちらのプロジェクト。建物の前面がゆるくウェーブしている様子が写真でも分かりますね。実はこれは採光を確保するために建築家が提案したもの。こちらの敷地は三方を住宅に囲まれるという住宅密集地に位置します。しかも唯一近隣住宅が接近していない北側の面の幅はわずか4メートル。そんな条件下では、採光は難しいと思われますが、そこで取り入れられたのが、こちらのファサード。詳しくは、「ユニークなファサードには意味がある!」でご覧ください。ユニークなファサードの秘密が明らかに。。。

見せたがらない家

有限会社タクト設計事務所が手がけたのはこちらのプロジェクト。木目調のファサードに、開口部から溢れる明かりがどこか見るものをほっとさせますね。「見せたがらない家」という家の名前が体を表しているように、ファサードに対して開口部が比較的少ないのですが、そのエレガントなフォルムや素材のせいでしょうか、冷たい感じはありません。室内には暖炉や露天風呂も用意されており、心地のよさそうな空間が広がります。こちらは、機能的な小窓が迎える住宅「見せたがらない家」で詳細をご紹介しています。

ガーデンハウスのリノベ

スイスの建築家、LENGACHER EMMENEGGER PARTNERが手掛けたのは、こちらのお住まい。ロケーションは緑豊かな都心部です。もともとは古いガーデンハウスだったものををリフォームされたそうで、どこからが屋根か壁かわからないような不思議なフォルムが特徴です。起伏の多い地形を生かして建てられた家で、こちらは2階部分。一階部分の外観は、全く違った印象なのもユニークです。こちらは、「丸みのある柔らかな家」で詳細をご紹介しています。

自然がインスピレーション!

ブラジルの建築家Aquiles Nicolas Kilarisが手掛けたのはこちらのプロジェクト。自然の中からインスピレーションを得たというこの建築は、建物だけでなく石畳や芝生といったランドスケープにまで取り入れられたウエーブが印象的です。そんなカーブをモチーフにしたデザインは、屋外だけでなく室内にも及び、曲線が強調されたリビングの階段は、近未来的なイメージさえ与えます。こちらは、「カーブが支配するエレガントな家」で詳細をご紹介しています。

この記事について感じることはありますか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!