愛媛県松山市の家: Y.Architectural Designが手掛けたベランダです。

見晴らし最高!ルーフテラスのある家5軒!

見晴らし最高!ルーフテラスのある家5軒!

Y. Y. Y. Y.
Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

屋上っていいですよね。空の狭い都会では特に高いところに立って町を見渡すと、町がいつもと違った姿を見せてくれて、清々しい気分になります。そんな、特別な気分を味わえるスペースが家にあると最高ではないでしょうか?もし家を建てるのなら、いずれにせよ屋根は必要ですし、せっかくならその屋根の部分を利用して、ルーフテラスを設けてみるのは如何でしょう?屋上に立てばきっと日常がちょっぴり特別なものになることでしょう。

第二のリビング

有限会社 オープンハウスが手掛けたのはこちらの住まい。東京都内の白金台に建てられた本住宅は、半透明のガラスのファサードが近未来的な印象です。そしてこちらがその屋上。視界を遮るものがないので広い空を独り占めできます。お茶を飲んだり夕食をいただいたり、もしくは読書をしたりと、気候の良い季節はまさに第二のリビングとして活躍しそう。こちらは、「明るさと暗さを楽しむトーンの異なる住空間」で詳細をご紹介しています。夕暮れ時のライトアップされたルーフテラスの様子も美しいので必見ですよ。

開放感抜群のルーフテラス

Y.ARCHITECTURAL DESIGNが手掛けたこちらのプロジェクトは、円錐形のようなボリュームと四角いボリュームが重なった個性的な外観を持つお住まい。ファサードを見てみると、屋上部分に丸い穴がぽっかりと空いているのですが、それがこのルーフテラスへの入り口。梯子を伝って出入りができるようになっています。テラスの囲いはない造りなので、開放感がありますね。こちらは、「モダンで個性的なルーフテラスのある家」で詳細をご紹介しています。

宜野湾の夜景を一望するテラス

門一級建築士事務所の手掛けたのはこちらのお住まい。敷地は沖縄の、宜野湾の高台という贅沢なロケーションです。モノトーンの内装がモダンなこちらの住居ですが、見所はなんといってもこちらのテラス。ガラステーブルが設けられたテラスの様子は、とってもエレガントですね。ここで宜野湾の夜景を眺めながらグラスを傾けると、どんなにロマンチックなことでしょう。こちらは、「沖縄の夜景を一望!充実したルーフテラスのある家」で詳細をご紹介しています。

クレジット: jo1q

狭小住宅のルーフテラス

シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けたのは、都心の住宅地に建つ17坪ほどの狭小住宅。住宅が密集する敷地にプライベートな屋外スペースを設けるのは簡単なことではありません。けれども都会の狭小住宅であるからこそ、そういったスペースが必要となってくるのではないでしょうか。こちらのルーフテラスはキッチンからも目が届くそう。小さなお子様がいると、こういったスペースは本当にありがたいですね。こちらは、「都心ならではの良さ発見!家族がつながる快適な狭小住宅」で詳細をご紹介しています

日々を豊かにするルーフテラス

北村大作建築設計事務所が手がけたのは、こちらのお住まい。両サイドを戸建て住宅と集合住宅に挟まれた狭小住宅。ファサードの写真を見るとわかるのですが、敷地はかなり狭いものです。建築家はその限られたスペースを効果的に利用し、居心地の良い生活空間が生まれました。そしてこちらは、家庭菜園ができるルーフテラスの様子。旗竿敷地であっても、日々を豊かにしてくれるようなお住まいです。こちらは、「旗竿敷地に建つルーフテラスのある家」で詳細をご紹介しています

休日にはルーフテラスでのんびりと過ごしてみたいですね。コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!